東風吹かば・・・というわけではないが、ここ数日東方面からの風が強く、春一番、二番、三番と・・・。2月は、どうも父のことがあり、私もドタバタしていたこともある。そして膝の調子も悪く、(90度以上に曲げると、翌日に調子が悪くなる)、結果として部屋で悶々と過ごすことが多かった。で、葬儀その他に忙殺されて、その結果本業が滞り、慌ててするといいことない。

ということで、地方税の納付を忘れていた。昨日山鹿市から督促状が届いた。そろそろ他の自治体からもとどくかな、と。面倒なことになった。当然ながらこの場合、延滞料金が付加されている。ちなみに、当院においては、所得税や地方税は、電子納税で私がこの部屋でコツコツとやっている。また各種の月末の支払も私がやっている。給与の計算や有休の算定までは手が回らないが、給与振り込の操作も私がやっている。つまり、万が一私に何かが生じたら、これらの支払い行為はすべて停滞することになる。

さて、今日は山鹿市に問い合わせて、支払い方法を確認しなくては・・・・


DSCN1169

裏庭もそろそろ春を思わせる。芝桜がぽつぽつと。そしてチューリップが芽を出している。


DSCN1195

菜の花もあちこち咲いている。

そして草も茂ってきた。バラも手入れをするはずが怠ったまま、新シーズンを迎えつつある。今更バラの剪定も無理だし、まだ膝の調子は悪そうなので、草取りもあきらめた。しばらくはなすがままとなる。そして春を迎えるか、と。

でもその前に、通常の業務をやり遂げなくては・・・。


やはり安くてうまい、が一番であると思っている。その時の懐具合と腹具合とそして一緒に囲む仲間によっても状況は異なるが、やはり気の合う友人と、ゆっくり語り合える環境がベストであろう。ただ、コロナ過の昨今、友人との会合も人数が多ければむつかしい。もう少し落ち着けば、と思っている。

当然ながら、腹が減っていれば、何を食べてもおいしいのではあるが、やはりそこには好き嫌いの問題もある。またせっかくおいしいものを食べていても、その環境が悪ければおいしいとは感じないかもしれない。なので、立食は嫌いだし、あまりうるさくて声が通らないも嫌だし、時間制限で食べるのもいやである。

我儘かもしれない。しかし、これからいつかはなくなる日まであと何千回の食事の機会があるかわからないが、すくなくともこれまでの回数より長くなることはないであろう(つまり120歳までは生きるはずもないと思っている)。となれば、その限定された期間をどうやって過ごすか、と。

時にはお試しもするけれど、お試しは1回で十分。それで気に入らなければ、やはりいつもの定番の方がいい。そして定番であるならば、お気楽なお値段がいい。1万円の高級なお酒や料理よりも、2000円で5回安心して味わえる方がいい、と考える次第である。

まだ時には見栄を張らないといけないこともあるかもしれない。でもそうした年齢は過ぎつつあるし、あとはスタッフや家族の結婚式くらいであろうか。幸いにもコロナ過で学会関係の行事が少ないのはありがたい。どうもスーツ姿では落ち着かない。

普段の姿で、いつものように、というのがいい。つまり父のなくなる前の姿でもある。ようやくそうした心境に達した。


DSCN1153

さて、そうなると、次の段階は?と。

多分シンプルライフということになるであろう。そろそろいろいろなものを整理して、必要最小限での生活を目指したいな、と。

と思いながら、丸尾焼と十郎窯で器を求めてしまった。でもたぶんこれは私の中での一つの区切りかもしれない。丸尾焼は少しスタイルが変わった。十郎窯は、窯の場所が変わり、灰の種類が変わり、焼き方も変わったし、奥様の絵付けも増えてきた。こちらもやはり変わった。

DSCN1154

人は変わるし、時代も変わる、と。その中で、私の好みのものがあればいい。

写真は十郎窯のボタン柄の絵付け皿と小鉢、そして茶碗と湯呑。(湯呑はサービスでいただいた)

取り立てて何もなくても、通常の日常があり、仕事があり、食事があり、それが一番ではないか、と最近感じるようになった。それは時に、天草に行ったり、阿蘇に行ったり、鶴屋に行ったりもするけれど、基本は自分なりのスタイルで、と。

それなりに仕事が忙しく、仕事が終われば、オフに切り替えてあとはゆっくり。自分のペースで、と。それは産婦人科医だから、時にお産で呼ばれ、診療で呼ばれ、眠れない夜もある。でもそれもまた私の日常でもある。ときにゆっくり眠れればそれでいいし、週末に時間があれば、ちょっと趣味の時間に専念してもいい。

特別な何かはいらない、単に普通にそこにあるもので、それなりに過ごせればいいなと。昔はちょっと奮発して高い何かをと思うこともあった。それは何らかの行事に出なければならない、ということであれば身なりに気を遣う必要はあるかもしれない。しかし、単に食事ということであれば、気の合う友人と外食でも、ウチノミでもいい。一人でゆっくり過ごす、あるいは家族でゆっくり過ごす、ならばそれはそれでいい。特別な何かだと、かえってこれはこんなに高いのに好みでなかった、と思うとせっかくのひと時が・・・。

ということで、程よいお値段でいつもの味が一番である。もうそろそろ新しい味の冒険は、と思うが、趣味の調理ばかりは仕方がない。なぜなら趣味の調理なので、作ることが一つの楽しみであり、酒を飲みながらがいい。どうせ味はほかの人に食べさせるわけでもないし、眠たくなったら気兼ねせず寝ればいい。

そしてこうした生活を実践していた人が、私の父であった、と今更のように気づく。


DSCN1157

特別な何か入らない、と書いておきながら・・・。丸尾焼で求めた片口。最初はコーヒーを飲むつもりであったが、徳利とすることにした。好きな器でと。

DSCN1158

でも、丸尾焼も私知っていた時代に比べると、生活臭が薄れて、少し高級感が出てきた。個人的には素焼風味の器が良かったのであるが、たぶん作陶者の世代がいれかわったからかな、と。となると、もう少し生活臭のある身の回りの器を探してみるべきかもしれない。

そういえば、健軍小代焼があったな、と。

↑このページのトップヘ