春が来て、夏が来て、秋がきて、冬が来て、そしてまた春が来て、と季節は回る。毎年、春になれば、桜が咲いて、ひばりが鳴いて、と同じ光景が繰り返される。しかし、人は1年たてば、成長する、あるいは老いるし、物は1年くらいでは変わらないけれど、数年あるいは数十年すれば劣化し、修理補修が必要となる。

DSCN1845 (1280x960)

最近、熊本市内の産婦人科医のなかでも少し変化があったと聞き及ぶ。一つには、秋に熊本市民病院が新装開店となるわけで、それにともなう各種施設での人事の移動がありそうである。また、市内では、いくつかの施設が、継代あるいは特化されていく。

以前なら、産婦人科の仕事とひとくくりにされていたし、産婦人科で産科も、不妊症も、婦人科も見るのは当たり前であった。しかし、今の世の中に求められる診療水準を保ちながら、そのすべてを単なる診療所で診ることは難しいかもしれない。

その結果として、その施設にあった方向に特化することは、世の流れかもしれない。少子化、産婦人科医自体の減少、訴訟への対応、求められる医療水準の維持、等からすれば、各施設毎に特色のある方向へと変わっていくのでは、と思う。逆にそうした方向が打ち出せなければ、世の流れの中で、埋没していくかもしれない。

DSCN1844 (1280x945)

こうしたことを背景に、当院(ウィメンズクリニック グリーンヒル)としてはどのような方向にすすむのか、と。

当院は、産婦人科一般の業務として、子宮がん検診、妊婦健診、避妊の各種相談、更年期の相談、日常悩み(オリモノ・ヘルペスなど)などに対象として、分娩を取り扱う施設として存続する方向でと思っている。不妊症に関しては、基本的にはタイミング法やクロミッドなどの排卵誘発まで、婦人科は子宮頸がんや子宮体がんの細胞診検査まで、超音波検査はスクリーニングンとして、というところであろうか。

と、書いても、実はこれは開業以来これしかしていないので、開業以来の方針でもある。

周辺の施設では、最近院長が変わる、お産をやめるという話を聞きお読んだり、あるいは2代目が着任してより一層お産を充実させるという施設もある、と聞き及ぶ。余計な慣れないことをしても得るものは少ないであろう。それよりも、今の診療を、より一層当院なりに、シンプルで精度の高いものにすること、これが目標かな、と思っている。

写真は裏庭のチューリップ。構想では、ピンク色のチューリップと、芝桜の紫と、そしてビオラの黄色といくはずであったが、どうもチューリップがオレンジぽくて、芝桜はまだ全開には程遠い。でも、少しづつ暖かくなる。

私は基本的に渋滞がきらいなので、街中にはあまり寄りたくない。なかでも鶴屋(熊本で唯一生き残ったデパート)の界隈は、その駐車場に入る車による慢性的な渋滞があって、大変である。でも、時にデパ地下に行きたいこともあるわけで、あえてその中に入り込むこともないわけではないが、出来るだけはなれた場所の駐車場を利用することも多い。

土曜日、友人と久しぶりに町で会おう、ということにななって、バスで向かった。クリニックからバスで街中に向かうと、結構時間がかかるけれど、最初からその気で乗ればどってことない。でも混雑時に乗るとちょっと大変なので、混雑の時間は避けている。

通常ならデパ地下で定番のサラダとカキフライを探すけれど、今回はそれを見送り、街中散策。本屋さんを巡り、花屋さんをまわって、上通りへ。久しぶりにwhole square http://www.wholesquare.jp/ にいってみる。昔、新町に丸菱という会社の建物があった。その当時は、母のお使いでいったようあもので、あまり興味はわかなかった。医師として働くようになって、数回興味津々で行ったような気もするが、当時は調理にはあまり興味がなかったので、輸入食材を探していった。

FADFF691-CEA1-407F-B874-4ABF24FFA182 (919x1280)

その丸菱は、今は閉鎖されたような気がする。そして上通りにwhole squareができたような気がする。以前の丸菱に比べて、はるかに洗練され、なかもすっきりした。おまけに、中でエージングビーフが食べられる。

で、ここで発見したことが一つ。丸菱は自社農場があり、そこでハムやチーズを作っている。益城に工場とデモのお店があると教えてもらった。

IMG_0070 (1280x959)

昔ここには、ドラッグストアの吉井商店であったような気がする。当時(私が小学生のころだから半世紀前のころ)上通りから広町にかけては、古い商店がならんでいた。その商店の2階のまどから、隋兵行列(当時はボシタ祭りと呼ばれていた)を眺めた。吉井商店は、母方の実家である。諸事情から、実家の本家は福岡に移転し、この地は売却され、マンションとなった。

さて、そこを離れて、上通りから広町をへて、縦町・横町まで歩いてみた。駐車場がふえたな、仁王さんがめだつようになったな、などとあれこれ考えながら、歩いた。それから上通りにかえって、友人と食事をして帰った。

DSCN1842 (1280x947)


日曜日、好天。それでは益城のお店へといってみる。確かにここは、昨日お目にかかったチーズやハムもあるし、輸入食材もある。でも、でちらかというとと、益城の食材も多い。

DSCN1840 (1280x961)

ここは丸菱の食品加工場の一角にあるアンテナショップのようなものかな、と。益城食堂は満員で入れなかった。益城市場で、チーズとハムを買って帰った。

さてクリニックに帰り、ちょっと園芸作業。ついでに春の味覚を味わうことにした。

DSCN1846 (1280x895)

ここからアスパラガス14本を収穫。

DSCN1847 (1280x960)

さすがに丈の伸びたものは、根っこがの部分が固いので先端だけ食べることにした。

DSCN1851 (1280x960)

塩ゆでで、オリーブオイルとバルサミコ酢でいただく。こりゃとれたて一番であった。まだしばらくは芽が出てくるであろうから、これで当分楽しめる。その内に枝豆がとれれば、と、ほくそ笑むのであった。

当院では、時に4000gを超える赤ちゃんが生まれることもあれば、2000g前後の赤ちゃんが生まれることもある。安全なお産のために、よほど小さい推定体重が予想される場合や、早産で呼吸その他の異常が予想される場合には、最初から高次医療施設を紹介する。どちらかといえばこちらのほうが予測はしやすい。

ちなみに、お腹の中にいる赤ちゃんの大きさは、それこそ昔なら、腹囲と子宮底で想像したのであろうけれど、現在の産科診療においては、超音波による胎児計測に基づき推定されることが多い。そのため、妊婦健診では腹囲や子宮底長の計測を行わない施設もそろそろ増えてきた。当院では、妊婦健診においては計測項目に従い測定しているけれど、胎児の大きさに関しては超音波による計測値で判断している。

さらに言うならば、胎児計測の基本は、頭の大きさと、腹部の大きさと、太ももの骨の長さの3つのパラメータから回帰式でもとめる、というのが大体の主流であり、あとはその回帰式をどこの回帰式を利用するか、ということにある。

DSCN1821 (1280x956)


で、問題となるのは、臨月になって、胎児が大きくなり、羊水腔がすくなくなり、胎児の十分な観察ができない場合、推定体重には誤差が生じることである。さらに、そこには人的ファクターもある。体重が予想より大きめであれば、もう一度計測をやり直して、そちらの値が予想に近ければ、そちらを採用ということで、予想される胎児の推定体重には、もともと差が生じる可能性が高い。なので、10%前後の誤差は、仕方がない、と。

でも、そうやっていても、時に予想より大きかったり、小さかったりすることもあるわけで、その結果として、時に新生児室に並ぶ赤ちゃんで、2倍近い差が生じることもあるわけである。(2000gと4000gとか)。

小さい赤ちゃんにしても、大きい赤ちゃんにしても、それなりのリスクがあり、そうしたリスクに当院で対応できれば、おかあさんのいる当院で、ということになるが、対応できない場合には赤ちゃんを生後に搬送することもある。

DSCN1813 (1280x971)

2000gの赤ちゃんであれば、1か月健診時にうまく体重が増加しても4000gになることはあまりないので、4000gに達するのは、生後2か月前後であろう。一方、4000gで生まれた赤ちゃんは、生後1か月ともなれば、5000を超えることであろうから、その差はなかなか埋まらない。

でもそれでは4000gで生まれた赤ちゃんがずっと体が大きいかというとそうでもないような気がする。在胎週数より小さく生まれた赤ちゃんのほうが将来の肥満のリスクが高いという話も聞いたような気もする。まして体型に関する因子は、もともとの親の体型が一番であろうから、身長に関しては親のの持つ因子で、そして横幅に関してはやはりその人の食習慣のような気がするが・・・。

DSCN1820 (1280x959)

ちなみに、当院での巨大児は4800gくらいであったような気がする。体の小さいに妊婦様で、つるんと産んだ。生まれてみたらとても体が大きかった(ちなみに確かその方は、妊娠末期に75g糖負荷試験もしていて、正常域であった)。幸い出産に関しても問題なく、生後の低血糖もクリアーした。

当然体が大きければ、泣き声も大きいわけで、人一ばい声が大きかったような気もするが、これは錯覚かもしれない。

もってうまれたものがあって、その差がづっと続くこともあれば、いつのまにやらなくなったり、あるいは逆転したり、と。そこには様々な因子が存在するということであろう。

DSCN1811 (1280x960)

写真は、裏庭のチューリップ。個人的にピンクが好きなので、裏庭の分はピンク一色である。とはいえ、ピンクにもさまざなピンクがあるけれど。そして最後の写真は当院で最初に咲いた桜である。


↑このページのトップヘ