昔から、秋の藤崎宮の例大祭がすぎると、涼しくなるといわれていた。実際、最近少し朝夕は過ごしやすくなった。日中はまだ十分に暑いけれど、日が陰るとそこまで暑くない。でも、最近窓を開けると、黒い灰が舞い込んでくることと、やはり4階であっても蚊が飛んでくるので、結果として冷房の生活である。

16日は当番医の終了後に、中庭の枯れかけた紫蘭を除去し、それから芝刈りをして、そのまま日暮れとなった。翌日、晴れた日の下で見ると、虎刈だけど、ま、いいか、と。

DSCN3475

クリニックの入り口の左側に青バラコーナーを作っていた。そして私の沖入りのステンレスチールが枯れていた。

DSCN3471

ブルームーン2本は何とか元気である。

DSCN3473

枯れてしまったと思うけど、復活しないかな、と思って、撤去するのはやめた。

でもやはりだめかもしれない、とステンレスチールをネットで探す。ついで青バラをほかにもたのもうかな、と。今頼んでも、届くは来年なので、来年までには枯れるか、再生するか結論は出ていることであろう。

芝刈りは全体の2/3がようやく終わった。のこり1/3はクリニックの南側。この週末にできたらいいけど、どうも雨模様。そういえば、私自身もそろそろ散髪にいきたいな、と。



ここ数年、あちこちから様々な調査用紙が届く。必要な調査、あるいは研究であることは理解できる。しかし、当院のようなクリニックにそうした調査用紙が届くと、大体私のしごとである。さまざまな質問にスタッフが答えることは難しい。統計上だけの調査であれば、スタッフに下請けを依頼することもあるが、制度やクリニックのあり方に関するものであれば難しい。

なので、調査は必要最小限にお答えすることにしている。自発的協力をという程度では、協力できません。産婦人科学会や国から答えなさい、と指令が来たら、しぶしぶ回答している。仕方がない。

最近厚労省から、医療環境改善の取り組みに関するアンケート調査というものが届いた。実際は、厚労省が委託事業者に委託して、底からくるわけである。中には懇切丁寧な文章が書いてあるが、要は書きなさい、ということである。仕方がないので、ようやく回答した。するともう一つある。医師の勤務時間に関するもので、月80時間以上の残業がある場合は、回答しなさい、と。

DSCN3429


さて、現行の当院において、常勤産婦人科医は私一人で、私は医師であり、院長であるので、どうも回答しなくていいようで・・・・。でもついでだから、私の残業時間はどれくらいかな、と計算してみた。

当院の就業規則上は、医師の勤務時間は週休2日なので、週に8時間x5日で40時間である。しかし、実は当院の診療時間の合計は、午前4時間、午後5時間が4日と、土曜日は午前4時間午後3時間で、合計43時間であり、この時点ですでに3時間オーバーしている。

昼休みに帝王切開や小手術を行えば、これは本来時間外(残業)である。水曜日は休診日であるが、各種業者との面談、両親学級での説明、手術などもすべて時間外となる。当然夜間のお産も時間外である。でざっと計算すると、1週間におおよそ20時間ほど。ということは月の残業時間は80時間を超えるような・・・・。

それは何もない平穏な1日もあるけれど、やはり大当たりの日もあるわけで、お産を対象としていれば、それはそれで仕方のないことである。そう思っているし、割り切っているので、残業時間とはあまり私の中では認識がない。単なる仕事の一環であり、プロフェッショナルとして当たり前のことであるし、取り立て残業というつもりもない。ただ、さすがにそうした時間外続くと、どこかで休息と気分転換も必要で、それさえあれば、今しばらくはこのままでもOKである。

とはいえ、いつまでもこの体調が続くはずもなく、今後は仕事を制限する方向で行かないと長続きはできないことも事実である。そのために何が必要であり、必要でない何かを誰にどのように委託するか、これもまた今後の大きな課題である。しかしこの問題を解決しながらすすまないことには、当院の診療自体がいつかは崩壊する。というか私自身が崩壊することであろう。持続可能な範囲で少しでも長く、そのためには何が必要か、と自問自答である。

ちなみに、この厚労省の調査に応えるためには、資料作成も含めればそれなりの時間が必要である。医療環境改善の取り組みに関するアンケートとしながら、こうした資料が新たな残業の一因となっているのであるが・・・・。
DSCN3430

当院のバラは四季咲きなので、夏場も咲くけれど、やはり夏の花弁は勢いがない。ま私が素人だから、仕方がないが、夏場はつぼみのうちに積んでしまうのがいいのかもしれない、とも思う。

残念なことに大輪のステンレスチールが枯れたようである。これが一番のお気に入りだったのに・・・。ということで、再度ステンレススチールの苗を頼むことにした。ついでにもう1本何かたのむかな、と。

16日は当番医。朝に洗車をして、それからお産があって、9時から診療で15名。17時から芝刈りをした。さてこの中で残業時間は?芝刈りは趣味ではあるけれど、仕事かな、と。

8月は当院において過去最高の出産数(64件)で忙しかった。9月になってから、その反動がお産のペースも落ちて、やれやれと思っていたら、9月の第2週は忙しかった。おまけに、電子カルテの移行に伴う趣味レーションが始まり、私以外のスタッフも大変であろう、と思う。

21767C9F-DE10-4EA9-A3C2-6217EDF748F4


9月14日夕方、高校時代の友人と会う用事が出来て、夕方に桜町界隈に出ることになった。ついでにちょっと物は試しに、と寄ってみたが、人が多くて・・・。本当はコーヒー豆が欲しかったのであるが、とても購入できる雰囲気ではない(というか行列に並ばなければならない)。なので、さっさと退散して、友人との約束の居酒屋に行った。街中はこの人込みと、そして隋兵行列のための練習の鐘や太鼓で騒がしかった。やはり街中は苦手である。

9月15日朝からのお産の入院が3名。二人は午前中に生まれたが、もう一名がなかなか生まれない。本当は草取りか、洗車でもしよう、と思っていたけれど、動くに動けず。仕方がないので、たまった事務仕事。ようやく夕方に生まれた。今から芝刈りでも、と思ったが、気分を変えるべくマックスバリューで野菜を購入して、18時ごろから調理タイム。

125D8DB2-F09D-4030-A35F-E22C647E0376

ルーマニア産のシャルドネを飲みながら、切って、炒めてと。ニンニクのにおいに浸りながら、と。早退したことをするわけではないけれど、1時間かかった。

DSCN3458

冷凍もののカツオのたたき、トマトときゅうりとベーコンとクリームチーズのサラダ、アスパラと人参としめじの炒め物(ニンニク入り)、ナスとズッキーニのニンニクオリーブオイル焼き、計4品。作っているうちに、ワインも少々たしなんだ。

作る材料を探してマックスバリューを歩くことも、そしてワインを飲みながら調理をすることも、そして当然ながら実食においても、程よい気分転換であり、私の趣味の時間としては申し分ない、と改めて感じた。

さて今週末はなににするか、と。といっても私のレパートリーは少ないので、限られているけれど・・・。

↑このページのトップヘ