当院の新生児室は、ナースステーションに隣接し、空調も別となっている。温度は24度以上に保たれ、ここが一種の保育器のようなものである。でそこに通常の新生児は、上衣と肌着の計2枚で寝ていることになる。肌着と上衣におおわれているが、頭部と手足の先端の部分は露出されているので、その部分は外気の影響を受けやすい。

基本はその露出した部分が人肌の温度に保たれ、汗もかかない状態が望ましいし、それが中性温度(新生児のカロリー消費の少ない状態)であろうと、思っている。

DSCN5327

新生児室には、現在3台の保育器がある。2台が開業当初からのもので、現在これは杯盤となっている。そしてその後継機種が、上記の1台である。酸素飽和度の大きなモニターもつき、光線療法のユニットもついている優れものである。

しかし、実は旧式機種にくらべると一回り大きい。新生児室のスペースは限られているので、これ以上増やすことは不可能である。

DSCN5329

こちらが旧式機種。光線療法中で、保育器の上に吸盤のようなもので固定している。でも、考えてみれば、これは開業当初からのものなので、10年を超えているということになる。ということはそろそろ何かがあっても不思議はない。

さて、話がそれた。実箱の保育器の中に新生児が存在するとき、上の写真を見ていただければわかるが、基本的には新生児は素っ裸の状態である。光線療法中には、アイマスクをしているけれど、あとそれとおむつだけである。で、この状態で、寝たり泣いたり、ミルクを飲んだり、と。

世の中には素っ裸で寝る人もいるかもしれない。でも素っ裸で寝ても、たぶん薄手の掛物か何かするのではないかと思うが、その方が伸び伸びと寝ることができるのかな、と。

新生児は、母体内では羊水の中で当然何かを着ることもなく、素っ裸で成長している。その名残で、外界に出てきても、体温その他の環境が保たれれば、素っ裸でもOkなのか。生まれた後、産着を着せて、上着を着せても、睡眠が優先なので、嫌がることもなく、ひたすら眠っているような・・・。上着を嫌がるようなそぶりはないが・・・。

そうした行為の積み重ねで、睡眠の習慣ができ、そしていつのまにやらパジャマを着て寝る、ということなったのだと思う。ただ、母体の胎内にいるような類似環境を作ると、大人で不思議と休むことができると聞いたような気もする。

自分自身の安眠のためになにが必要で、何が不要か、と時に考える。私の場合は、電話で起こされることも度々なので、そちらの方の影響が大きいかもしれない。でも、だからこそ、眠るときには、いい形で眠りにつきたいものである。

3月25日 水曜日は天気が良かった。午前中は、両親学級やらなにやらかにやら・・・・。そうこうするうちにお産も2例無事済んだ。天気もいいしドライブと思ったが、ちょっとお買い物に自転車で。モクレンも咲き、あるいはすでに散り、日当たりのいいところでは桜も咲いている。春なんだな、と改めて思うし、そしてこのような時期であっても、流行るのか、と。

様々な会合や集会の自粛で、夜に出ていく必要がなくなった。点数取りというか、自己研修のために、そして診療報酬改定による勉強会などもあったが、すべて吹っ飛んだ。そういえば4月1日はもうすぐなので、そろそろ診療報酬の勉強をしなくては、と。現時点ではポイントが不明だから困ったな、と。

もともと無精者だから、学会に行かなくていいのはありがたい。しかし知識の更新、資格の更新は大切なことなので、ちょっと困った。とはいえ、こんなに天気がいいと、気も緩むばかりである。

DSCN5292

さて週末は、月末でもある。そして年度末でもある。こちらの方が憂鬱である。でも土曜日は久しぶりに益城のふるさと市場をぶらぶらとしてみたいな、と。

DSCN5298

写真は数日前の夜明け前の、三日月。

巷では、あちらで流行り病の話題で持ちきりである。当院で外国から里帰りの方がいらっしゃったが、どうもその国は、入国も出国も制限されたようで、そのためご主人は日本に来れない。なので、テレビ電話でと昨日伺った。あちらこちらで、そうした話題を耳にする今日この頃である。

外来も少し減った。とはいえ、妊婦様の場合、妊婦健診や出産は待ったなしであるし、妊婦さまが通常の風邪をめされることもあるわけで、そうした点で産婦人科は流行り病の影響は、少ないかもしれない。

不要不急の外出は控えるように、ということで私の場合生活必需品(牛乳)の買い出し出るくらいである。大体、混んでいるところが嫌いだし、人がいなくてすいすい行けるところを選んでいるし、きゅじつの娯楽は、クリニックの仕事と草取りなので、流行り病には縁がなさそうであるが、こればっかりはわからない。いつだれがどこで、などどいっても仕方がないので、さしあたり自分の体調管理を整えることしかない。

しかし、そこがまた産科のつらいところで、夜の安眠が確保が約束できないことがつらい。以前にも書いたが、私の場合早寝早起きなので、夜中の11時から1時ごろのお産で起こされて、眠れなくなって、仕事やWEBにふける。でその際に薄着で風邪をひく、というのがよくあるパターンで・・・。

DSCN5314

裏庭のチューリップがいい案配になってきた。こちらは芝桜はまだぽつりぽつり。

DSCN5312

路側帯の分は、日当たりもいいので、咲き始めた。

桜もそろそろあちこちで咲き始めている。院内の吉野桜はあと1週間くらいかな。

↑このページのトップヘ