私の理解が正しければ、新生児聴覚スリーニングの目的は、早期に聴力障害者を発見して、早期にトレーニングを開始することである。早期トレーニングを始めれば、よりその障害への対応が可能となり、場合によっては言語聴覚士によるボイストレーニングなどが早期に開始される。そこで、この聴力スクリーニングを新生児に行い、早期発見に努めよう、という趣旨であったと理解している。

当院では、開院以来この手のスクリーニング検査は、全員施行としている。施設によっては、有料で、希望者のみに、としているところもあるが、スクリーニング検査なので、当院が負担する形で全員に施行としている。ここまでは私の理解の範囲内である。

私の理解を超えていたのは、予想以上にスクリーニング検査で引っかかる割合が高いということである。他の新生児のスクリーニング検査(先天性代謝異常やポンぺ病)などに比べると、異常が指摘される頻度が高い。当院で毎月40名前後新生児が生まれるが、少ない月は0のこともあるが、多い月には4-5名以上が指摘される。(というより、これは以前からそういわれていた当たり前の事実であり、だからこそ聴覚スクリーニング検査をすべての新生児に施行しなくてはならない、というような話をどこかで聞いた)

この検査は、ある音刺激に対する脳の反応で判断する、というものであるから、条件が悪ければ以上と判断される場合もあるであろう。また特定の周波数であるから、すべての周波数に対するものではない。その結果、当院で異常と指摘されても、精密検査を行うと正常の反応であった、ということもある。というか、どちらかというと、正常と判断されることが多い。

しかし、中には本当に聴力障碍のある場合も見つかるわけで、そうした場合、親としてはつらいことだであるが、そのあとの対応を考えなくてはならない。これはやはり親だからできることであると思うが、親としてその事実を受け入れ、そしてそのあとの対応をおこなうこととなる。

さて、少し話を戻す。当院で聴覚スクリーニング検査を行って、正常であれば正常と話しをすればいい。問題は異常の場合である。せっかく生まれた我が子に、異常があるといわれると親としては、と気持ちが動揺される方もいらっしゃる。しかし、ここで説明ができないと、次の行動に移れないので、私自身も気持ちを整理してできるだけわかりやすく説明する。

”ある音刺激に対する反応が片側あるいは両側でない。これはかならずしも、音が聞こえないとは限らない。機械の調子が悪かった、あるいは本人がその時深く眠っていた、などのこともある。しかし中には本当に音が聞こえないお子さまもいらっしゃる。”

まずここまでをうまく説明するのが大変である。中にはもう1回やってみて、といわれる場合もあるし、この時点でお母様が泣き崩れてしまう場合もある。

この検査はスクリーニング検査という性格上、仮にもう1回やって陰性(正常)と判断された場合、どちらの結果を優先するのかということになる。検査の性格上、見落としが怖いので、異常と判断が1回でもあれば異常と判断せざるを得ないのである。

お母様が泣き崩れた場合には、立ち直るまでまって、その時点で再度根気よく説明する。そして次の段階である、精密検査の話となる。熊本県での精密検査の機関は、熊本大学病院と熊本県福祉総合相談所の耳鼻咽喉科である。ここでの検査をお母様に予約してもらうこととなるが、クリニックの立地上熊本県福祉総合相談所のほうが近いので、そちらを紹介することが多い。

熊本県福祉総合相談所は県の施設であり、なぜこんなところにその精密機関がと思わないでもないが、これはそうした熊本の制度なので、そのまま話を勧める。

問題は、その精密検査の時期が生後3か月ごろになるということである。異常があるかもしれないといわれれば、少しでも早く検査をしたいというのが親の気持ちである。しかしあまり早く検査をしても正確な判断ができないので、児の成長をまって、ということである。難聴という判断を下すことの難しさと、そしてそのあとのトレーニング開始時期のとの兼ね合いで、この時期となったのであろうと、理解している。

とはいえまたこの時期を説明することもなかなか難しい。

また里帰りの場合、その検査の時期には元の居住地域に戻っているので、その地域の施設を紹介となる。しかし、各地域にはそれなりのルールがある。で、私としては、各地域の受診可能な施設を探して、そちらに電話で紹介して、そちら宛ての紹介状を書くということにある(これは万一ボイストレーニングが始まる可能性を考慮して、できるだけ居住地域での施設を紹介するように心がけている)

本当なら、精密検査の可能な時期のスクリーニング検査が一番望ましいとは思う。検査をやって異常なら精密検査をすぐ、と。しかし生後3か月時点でそうした検査がきちんとできる機会が得られるかというとなかなか難しく、結果としてタイミングを逸するであろうから、出生直後にやることとなったのであろう、と今になって改めて理解する。

こうしていろいろと考えると、この検査は、その目的のために、生まれたすべての新生児に施行すべきであろうし、その検査の感度は少しでも高いほうがいいであろうとも理解する。そこら辺の理解が十分でないと、結果として有料のスクリーニング検査となり、施行率が低くなり検査から抜け落ちてしまうことも予想される。

しかし検査機器が決して安いものではないだけに(機器自体もそうであるが、ディスポ製品も含めて)前例施行に抵抗のある施設もあるのかもしれない。

DSCN0172 (640x480)

裏庭の昨日の写真である。この写真で判断できるように、実はこの場所は、冬場は建物の影となることがおおい。つまり日の当たりやすい場所と当たりにくい場所がある。そして、この場所は風の強い場所でもある。そうしたことを考えながら、庭の再構築をすすめたい。

日曜日朝起きたら、何ももない。よし今日こそは、と思っていたら、朝方に入院があった。でも7時には生まれた。よし、と思っていたら10時過ぎにまた入院が。お産の入院がある前に、ちょっとホームセンターにいって、種と苗を買った。さてお産で出かけられないけれど、はまって裏庭つくりをと意気込んだ。

まずは雑草取り。この雑草取りが予想以上にてこずって、結局昨日は土を耕して終わってしまった。予想以上に雑草の根が張っていた。これでは確かに、百合の芽が出ないのもうなずけた。

そこで根を張っている雑草を、根からとって、百合の球根をいったん引き揚げて、と。ひと段落と思ったら、午後2時。約4時間も粘っていたことになる。靴も、洋服も、そして私の鼻の穴も泥だらけである。天気も怪気で、雨も降りそうなので、そこで中止。後日に回すこととした。

DSCN0068 (640x477)


そこで浮上したのが、庭の配置の問題である。懸案である芍薬と百合と芝桜の配置替えをするべきかどうか、と。雑草の根は、たぶん庭内にはびこっている。それを取らない限り、また出てくる。しかしそれをすると、とても1日で終わるようなことではない。そこまですべきかと。

この庭が、庭として登場したのは、平成22年の増築に伴う、新規駐車場開設に伴うものであった。以来6年間の間に、草がいつの間にはこうやって繁っていた。掘り返してみて、初めて気づいた。ということは、ほか庭の部分ももっとすごいことになっているであろう。

肝心の庭の写真は天気が悪くとっていない。今日は東の空の朝方の写真。よくみると、噴煙も昇っていた。

DSCN0067 (640x480)

スクリーニング検査というものが世の中には存在する。検査であれば、そこには感度、特異性という問題がつねにつきまとうのである。つまりその検査がどの程度正確か、と。

スクリーニング検査の目的を考えれば、少しでも可能性のある場合に拾い上げるほうがいいように思うので、少しでも疑わしければ、検査陽性として、再度精密検査を行うようにしている。

以前はこれは誤って考えていた。検査で引っかかったから、もう一度やり直して、それでOKだったから、OKと。でも、そう考えている人は世の中に結構多いように思う。それは医療に限らず、すべての世界において。

その検査の目的を考えれば、スクリーニング検査陽性であれば、その次の対応を検討すべきであるとようやく理解できるようになった。

ある意味では、当院で行っている診療そのものがスクリーニング検査みたいなものかもしれない。当院での診療行為において、何らかの異常が見つかれば、異常に対する治療が当院で行えれば行うし、不可能であれば適切な施設を紹介する、と。妊婦健診も、新生児に行う検査も、子宮癌検診もそのようなものである。

ただ検査に引っかかると、その対象者としてはやはり困った、ということになる。でも、見方を変えれば、異常の可能性のある状態をひっかけて、もう一度検査をして本当に病気かどうかを判断すると考えれば、病気の見落としの可能性が減るし、仮にそれで病気がない、とわかれば安心できることでもある。というように考えるといいのであるが、なかなか難しい。

万一見落とす、あるいは発見が遅れれば、対応に困るような病気であれば、やはりそれは早く見つかるほうがいい。病気であることを受け入れることは、その当事者にとって大変なことであるが、しかしいつかは受けて入れてもらえる。受け入れてもらえれば、あとはその病気への対応が始まるわけで、特に成長が絡んでいる問題であれば、早い時期の対応が望ましいであろう。(というか、対応が早ければ、その病気あるいは異常のもたらす何かのダメージを少しでも少なくすることができる)

ということで、当院で行っているスクリーニング検査について次回よりシリーズとして述べていきたい。

DSCN0134 (640x431)

先日クリニックの上を通過した飛行機。これを今のカメラでズームすると、こうなる。やはりこのカメラは面白い。

DSCN0135 (640x437)

手振れがなければもう少し鮮明に映ることであろう。ということで、今日は三脚とWiFiの問題の解決に取り組みたい。

↑このページのトップヘ