このブログの本題は、いつの日か南の島に、というものである。また投稿者は、夢野を駆け巡る、としている。私にとってはそれなりの意味のあるところである。で、ここ数日の状態から、そうした妄想が膨らんできた。つまり現実逃避である。現実に目を向ければ、到底不可能な状態であるが、でもだからこそ、と。

日本海側のほうが魚はうまそうであるが、イメージとしてくらい日本海を思い浮かべてしまうので、明るい太平洋側がいい。海沿いの家で、日がな一日海風を感じつつ、日陰で何もすることもなく、昼寝をして、と。気が向いたら、海沿いを歩いて、と。

ただ、人間は仕事をしないとぼける、というのが私の持論であるので、ぼけずにかつある程度生活費が稼げる程度の仕事がないと困る。今更ほかの仕事を探すのは、面倒なので、産婦人科の需要がないと行き場がないのである。ただ、60を超えた老産婦人科医を雇ってくれるところなんてあるかな、とも。

そうなると、ある程度人が多くて、よほど産婦人科医が不足しているという立地条件でなければ職はない。そこでこの条件で探してみると、ここならと思う場所がないでもない。

本音は小笠原諸島である。が、ここに産婦人科医の需要は?である。島の人口が少ないので、どうかな。調べてみたら、助産師は募集していた。しかし産婦人科医と助産師では職種は違うしな・・・。

となると、やはり沖縄か鹿児島。そこで浮かぶのは、奄美大島か、石垣島である。こちらは人口も多い。個人的には石垣島には数回足を運んだ。奄美大島は、その横を通り過ぎたことはある(以前、鹿児島の十島村(トカラ列島)を巡る旅をしたことがある)。

それではネットで情報を調べて、と。ここに応募すればいいのか、とそこまではわかった。しかし、現実にいつの日かそこに応募する日が来るであろうか。現実に戻れば、病棟にはお産待ちの方が数名いる。ここ数日の多忙で、仕事も溜まってしまった。たまってしまった仕事は、吹き飛ぶはずおなく、順次こなすしかない、これが現実である。

DSC_5622 (640x427)

季節外れの新緑である。木々の冬場前の用意ということであろうか。

DSC_5623 (640x427)

水曜日は帝王切開も含めて、6人生まれた。もう十分に満喫したとおもっていたら、木曜日に3名、そして金曜になってから今までに2名生まれた。そして今からもう一人陣発でお見えになる。明日は帝王切開もある。開業医の醍醐味を十分に味わっているここ数日である。

ただ、そのおかげで様々なことが滞ってしまった。あれもしたい、これもしたいは、所詮かなわぬ夢であきらめているが、これくらいはということができないと・・・。ちょっと困った。

またそうしたときに何かが重なることも良くある話で、積もり積もると大変なことになるので、できるだけためないようにしているが、やはりたまってしまった。精神的なストレスと、実際の物理的な仕事の両方である。

ということで、そうなるとどうするか。適当な本があればいいのであるが、最近本屋さんにもいっていない。DVDは最近ビデオ屋さんにご無沙汰である。幸いアマゾンの配達で時折・・・。でもブライアンウィルソンも見てしまった。となるとゲームかなとも思っているが、ソフトがいっぱいあって、それを見ただけでふーっとおもってしまう。

となると心機一転体を動かすことであろうか。しかし、今のような状況であれば、外出はできないので院内でということになる。これは現在対策を検討中である。

そこでネットをあれこれ流しながら、妄想の旅に出る。あれがあればいいな、とか、ここに行ってみたい、とか。その妄想から、いくつかの現実に対応したものもあるが・・・。

DSC_5607 (640x417)

構想では、これがある程度大きくなるころに、豚肉で鍋をとおもっている。しかし屋上は冷え込みが厳しいから冬場は?である。ということで冬場対策も考えなくては。

DSC_5608 (640x415)

こちらは二十日大根。というとはあと2週間くらいで収穫?


シルバーウィークという言葉で、いったい23日は何の日かと思った。夕食におはぎに出会って、あ、そうか、秋分の日かと思いだす。病み上がりでイマイチ、できれば草むしりと思ったが、病み上がりで控えた。

9月はたまたまであるが、予定帝王切開の方が多かった。当院では、前回の出産が帝王切開の場合、原則として帝王切開である。骨盤位も原則として帝王切開である。そうしたあれやこれやで、予定日の重なった対象者も多く、9月に予定帝王切開を9件予定していた。

当院の手術日は、診療の都合と介助者の都合より、原則として定時の手術は水曜と土曜である。そのため9件の予約が入った時点で、困った。仕方がない、23日水曜は祭日であるが、この日しかない、と予約を入れた。齟齬里帰りの人がいたり、骨盤位の人がいたり、そして緊急帝王切開もあり、9月24日早朝の時点で、42名の出産があり、そのうちの予定帝王切開9件、緊急帝王切開5件となった。

14/42=33%の帝王切開の施行比率も最高なら、月の帝王切開の数としても最高である。ちなみに、まだ26と29日に予定している。数が合わないのであるが、それは予定帝王切開の数があふれてしまったので、結果として2件を定時以外に行い、23日はダブルヘッダーという大技までやってしまった。

(ちなみに、前年度(2014年度)は562名の出産で、帝王切開数は98件で、98/562=17%であった。月の平均帝王切開数も98/12=8件である。)

腰の調子を心配したのであるが、幸いに腰は軽い。これは怪我の功名かもしれないが、連休の前半は体調不良で余計なことをせずにじっと部屋にこもっていた。そのおかげかもしれない、と少し感謝した。

さて、今日から連休も明ける。外来が心配であり、お産の状況も心配である。しかしあれこれ考えても仕方がない。仕事があることは、いいことであると前向きに考え、今日もがんばろー

DSC_5609 (640x427)

家庭菜園。左は、二十日大根の発芽状況。右側は花も咲き、果房(?)の部分が膨らんできたきゅうり。果たして収穫ができるかなと、

DSC_5610 (640x427)


↑このページのトップヘ