昨日は水曜日。予定では何もないはずであったが、朝方にお産が一例。そして前々日からの宿題の方がいらっしゃって、結果として午後から帝王切開であった。

本来なら何もないので、一つしたいことがあったのであるが、断念した。その代わりにというわけではないが、来客が数名。知り合いのMRの異動に伴う挨拶2件。グーグルマップの広告が1件。(グーグルマップのストリートビューに院内を掲載したい、ということであったが、どうも広告であるようなので、お断りした。)パン屋さんの移動販売の件で面談1件(これは今後どうなるよくわからない。自慢のパンを一つ試食させてもらって、それで考えたいと伝えた)

で、5時。天気もいいので、ドライブをしたいけれども、術後の方がいるのでそれも不可。それに新たなお産の入院もあった。そこで、珈琲豆の補充に、クリニック目前の前川珈琲店に行ってみた。歩いて数分。中は開放的とはいいがたい雰囲気であるが、結構にぎわっている。でも、珈琲豆はどこに?

レジの前にこのような袋に入っておかれていた。200g1200円(税なし)。決してこのお値段なら安くはない。そしてこれ以外には売り物の豆はない。

DSC_4684 (640x425)

運動公園のほうまで行くと、そこに珈琲蔵人があるが、そことは大きく異なる。また、米田珈琲にはいったことはないが、星乃珈琲の中には入ったことがある。こうしたお店とも異なるな、と。珈琲店という名前ではあるが、レストランというほうがいいのかもしれない。

入っていた豆も、正直言うと見た目は悪い。小さい粒もあるし、臭いも少しきつい。味は珈琲である。好みのわかれるところであろう。しかし、いつも駐車場に車がとまっているので、皆様に受けている証拠であろうか。

帰りがけ、クリニックの前の歩道にこのようなものが落ちていた。

DSC_4679 (640x419)

上を見上げると

DSC_4677 (640x427)

なっている。たぶん杏であろうか。鈴なりという言葉がふさわしい。これだけなれば、鳥に食べつくされることもあるまい。今年は私も食べてみよう。


最近床がざらざらするような気がしている。天気が良くて、窓を開けていると、特にその日の夕方に感じる。改修工事で、内装工事中は、工事に伴う埃・ゴミであろうとおもっていたが、私の居住する4階でということであれば、外からの侵入者であろう。

幸い、昨日は台風のおかげで、空気中に舞う埃も少ないであろう。で、その原因は黄砂とおもっていたが、考えてみたら阿蘇の中岳からの降灰も知れないな、と。当院は阿蘇の西にあるので、西には灰は振るまい、とおもっていたが、この写真のように朝方は東から西に流れているのである。

DSC_4566 (640x425)

ということはいったん西に流された噴煙から落ちてくるものあるはずで、それが原因かもしれない。

そこでふと。戸外の空気が好きであることもあり、季節がら最近車をオープンの状態で走ることが多い。ということは、空気中の埃や灰が私の車の中にも侵入しているであろうし、私の体内にも侵入していることであろう。

現在、咳やタンなどの症状はないし、車の中が特にざらつくとも感じないし、そしてなにより、車は大気を感じて空を見上げることが何よりとおもっているので、当面はこのまでいこう、と。でも、真夏の熱い時期にオープンで乗るのかというと・・・。

私は1960年生まれである。ということはこの秋には55となる。視力、聴力、筋力、体力、知力と下り坂である。下り坂であることは仕方がない、それが人間であるから。となると、その下り坂を少しでも緩やかにすることが、今後の私の目標である。

そうした目標のためには、生きがいがあることは大切なことで、そのために天職を授かることも大切なことである。幸い紆余曲折はあれ、産婦人科の仕事が天職と思えるようになってきた。どこにも行くことはできないけれども、日々夜起こされ眠れない日々も続くけれども、でもだからこそボケずに生きていけそうである。

しかし、残念ながら、ここにばかりいれば、筋力の維持は難しい。同じ風景で淡々とするのはどうも苦手で、エアロバイクがその一例である。だからバイクより、走るほうがいいのであるが、その走ることが最近右大腿四頭筋の不調でできない。

ということで遂に登場、ワンダーコア。

DSC_4659 (640x415)

ただ購入したのはいいけれど、どのようなパターンをくんだらいいのかわからい。これができる、あれもできるというのはよくわかるが、バランスよく運動するためには、どのような順番で?

DVDはついていたが、これだけでは、これができる、という程度で・・。全身の筋力を保つためには何がどの程度、どのようなサイクルで必要か、ということになる。ということで、当面はネットで探しながら、自分の筋肉痛を考えながら、ということになりそうである。

仕事と一緒で、持続可能なことをゆっくり続けていくことが必要であろう、と思っている。そのためには、夜の運動時間を決めてみようかな、とも。ま、結果は後日に。

↑このページのトップヘ