5月のGW明けから梅雨で雨が連日降るまでが熊本のベストシーズンであると思っている。熊本の場合、ベストシーズンといっても日向では十分に暑いが、風があれば十分に心地よい。裏の田んぼでは、田植えの準備が始まった。種もみがまかれ、発芽をまっている。麦畑は色が変わり始めた。

DSC_4706 (640x427)

今頃、南の島では、と思わないでもない。天草に週1で通っていたころが懐かしい。片道3時間、ダイビングショップのバスに揺られて、晴れの日も、雨のひも、夏も、冬も、通っていた。

この時期、スキューバダイビング後に岩の上に座って、飯でも食って、昼寝して、と。たまには気分を変えてと、下田、牛深、河浦、と通っていた日々は遠くなってしまった。たぶんダイビングをすること事態はまだ体が覚えていると思うが、そこに行くまでの時間を考えるととてもいけない。まして、下田で電話が鳴ってもどうしようもないし・・・・。

この時期思い出すことでもある。これが私の選んだ道であり、いつかリタイアしたらダイビングもできないわけではないが、果たしてその時にダイビングをしたいと思うかどうかであるが・・・。

ということで、今はこの地で、天気良い日に、車をオープンで走らせて、風を感じることが唯一の楽しみかなと、おもったら、でも草刈り後に草の上に座って、風を感じるのも気もちいものでもある。つまりどこでも、それなりに楽しいのであるし、それを感じられればいいのであろう。問題はそれを楽しいと感じられるような状況に私がいるのかどうか、ということかもしれない。


昨日(5月17日日曜)は、朝の仕事も済み、それではちょっと昼寝でもして、午後の仕事をと思っていた。しかし、昨日は好天で、そして運動会日和であった。眠ろうとすると、遠くから歓声が。歓声はまだいい。指導する教官の、大きな声が時々響く、これ出は眠れない、と。

といいつつ少し昼寝ができたので、午後から予定の学会に出席。しかしなんでこんなに天気がいいのに、屋内で話を聞かないといけないのか、と。そこに行く道中は、車の天窓を開放し、オープンで走る。風が本当に気持ちがいい。やっぱこうでなくっちゃ、と。

学会後に、父のお見舞いにいって、それから実家によって、犬のシャンプーをして帰った。素直に買えればいいものを、道が混んでいるからと、寄り道。ついつい興味のあるお店を見つけてしまって・・・・。また悩む日々が始じまった。でも、このように安全が妄想に身をゆだねるほうがいい。こんな車やあんな車。買うわけではないが、妄想に夢を膨らませながら、風を感じて車を走らせる。心地よいひと時である。

17日の成果
①いくつかの仕事;提出業務も含む
②学会出席
③お見舞い
④車のカタログ
⑤饅頭

夜は疲れてぬ群れるはずであった。しかし最近体内時計がくるっているのか、2時に目が覚める。そこでもう一度寝て、4時。仕方がないから仕事をして、カタログを眺めた。


DSC_4590 (640x427)

これは依然乗せた写真である。この時にはバラに目が行ったのであるが、実はその足元にこのような草がある。
DSC_4607 (640x427)

これは私の構想では、食べられる根菜のはずであった。人参という。しかし、最近よく見ると、これも花が咲きそうである。ということは人参ではないのであろうか?あるいは食べるなら花が咲く前であろうか。ちょっと掘れば、人参かどうか、わかることではあるが・・・。週末まで待ってみることとした。

DSC_4702 (640x427)

眠りたいのであるが、眠れない状況が続く。昨日もようやく、お産も済み、帝王切開も済んだ。陣痛が来ていた人も遠ざかったようで、明日までには生まれない、と思っていた。実際今朝まで生まれなかったが、0時30分に別件で起こされた。

私の場合、大体寝るのが22時から24時ごろで、そのまま爆睡モード突入なので、この時間帯はつらい。そしてそのような日々がここ1週間続いている。そのため外来も朝から調子が悪い。

昼寝ができればそこでいったん調整できるが、最近工事やら帝王切開やらでそれもままならず、と。今日は何もなさそうであるが、そう思っていても毎日おこされる。仕事柄とは思うが・・・・。

これが今後も続くなら、やはり診療体制を考慮しないと困った事態になるよな(私自身がということであるが)。しかし診療体制はそう変えられるはずもないし・・・・。

DSC_4625 (640x427)

先日、道路沿いの道が選定されていた。散髪されたようなもので、すっきりである。しかしこの後にはいつもどうしても落ち穂が残っているわけで・・・。今日は草刈りをしたいけれど、でも出席義務の学会もある。

↑このページのトップヘ