昨年夏場からテニス肘に悩まされている。痛くても仕方がないので、そのままにしていたら、左の痛みは少し軽快した。一方右手は悪化した。なので左のひじは比較的痛みを感じず動かせるが、右手はひじに何か当たっても、ちょっと動かしても、痛みが走る。


2月末から3月にかけて帝王切開も少なかったし、ひじの負担もへったとおもうけれど、やはり症状が続いている。ちなみに、私の場合の右手は、帝王切開時に児の頭あるいはでん部を出すとき、経腟分娩で吸引機を使用するときに使うので、現時点では瞬間的なものであるから我慢して使っているけれど、いつの日かこの調子では使えなくなるかもしれないな、と若干の危惧を抱いている。

日常の動作でも時に痛いのであるが、不思議なことに趣味の調理の時間や、その実食時には痛みをあまり意識しない。使う部位が違うからか、あるいは痛くないような使い方を意識せずに行っているのか、どちらかわからないけれど・・・。

右足の裏のガラスを踏んづけた部分の痛みは、1年くらいかかけて痛くなくなった。こちらは手術をしたけれども、この右手も手術が必要であろうか、と悩まないでもない。

でも痛い部分はここだけではなくて、いわゆる50肩60肩で、上肢を上にあげる場合、それから股関節の稼働時にも少し痛みがある。たぶんこれまでの過程での不養生と、そして痛くて使わないことでさらにその痛みが広がっている、という面があるようで、なんとか週1でも体を動かそうと心掛けている。とはいえ、心の弱い私はすぐ安きに流れてしまう。お産の待機者がいる、とか、今日は一日疲れている、とか言い訳をして・・・。

フレイルや歩き方の話を聞いても、そして痴呆の話を聞いても、できることを今のうちにしておかないと、結果としてのちのち自分自身が困るだけの話であるが、でもそう思っても、毎日走るとか、毎日ストレッチをしよう、とならないのが私の弱いところでもある。できる限りでいいや、という思いがあるからかな、と。

2020-03-15 13.22.45

巷では、流行り病のことが話題にぼらないことはないくらい流行っているし、お越しになる患者様も少し減っているような気もする。不要不急の外出はひかえましょう、と。

そうした人の思惑とは別に、春は着々とすすんでいる。当院の2階の吹き抜け部分に置いている。ブルーコーナーのバラも葉っぱが茂ってきた。

2020-03-15 13.23.01

まだ3月なのにな、と。でもこれだけ茂れば、これは今年こそ、青いバラの香りと花弁の豪華さが期待できるかも、などと思ってしまう。皆様に披露できるくらいに咲いてくれればいいけれど・・・。


日曜日、お産があったこともあるが、クリニックで草取りをした。私にとって、草取りはレジャーであり、気分転換であり、そしてクリニックの美化にも貢献できる、一丁三席の効果がある(と思っている)。そう思うのは私だけではないようで、地主さんも日曜日にマスクをしながら田んぼを耕していた。春耕である。

DSCN5205

田んぼをこの時期に肥料を入れて耕して、田植えまでにちょっと何か植えて、とそろそろ農家の方も忙しくなる。

体を動かすことは、いろいろな意味で効果があるし、そして何より自分自身のためでもある、と私も思う。地主さんはたぶん経済的にはもう働く必要はなさそうであるが、たぶんこれまでの農家として働いた習慣から、きっとまだしばらく働き続けることであろう。それがボケ防止にもなるし、骨折その他の身近な病気から身を守ることにもなると、と思う。

私の場合、あれこれしたくても、診療が中心であり、お産が中心であるので、こればっかりはコントロールできない。寝る前にお産の方がいないから今日は、ゆっくりと思っていたら、突然お産ですと呼ばれることもある(私は原則としてクリニックの4階で眠っている)。

よし、今日はお産も済んでなにもない、と思ってちょっと遠くにと思えば、出血が気になると妊婦様から電話があり、引き返すこともある。私の予定はあるようでないようなものなので、そうした場合には中断してかえるだけのことである。ただ、時たまその余波で、友人との打ち合わせに影響が出るけれど、友人は私のそうした事情を知っているので配慮してくれるので、ありがたい。

なので、クリニック周辺で草取りをすることは、いつでも呼ばれてもいいし、この時期外に出て、お日様を浴びることは気持ちもいいし、おまけに人様に迷惑をかけることでもないし、まして病気の人はどこにもいないから、やはり最高の余暇である、と個人的に思っている。

DSCN5212

そろそろチューリップも咲くだろう。このチューリップに隠れて見えないけれど、すでに青のクロッカスは咲いている。白もそろそろ咲くであろう。草取りをしていて、こうした変化に気づくことも楽しい。

本当はもう少し根をつめて、球根性の雑草をとりたいところであるが、時間の都合でそこは断念した。さしあたり、チューリップとシャクヤクが見えれば、よし、とした。この好天が続けば、週末にはさかないかな、と思っている。

2020-03-16 20.00.44

月曜の夜、診療後に走る。帰路の途中見上げてみると、1分ほど咲いていた。道路の高架の部分の隙間に根を張った桜。道路の構造を考えれば、桜はいつ切り落とされても仕方がないと思うが、今年も残っていたし、そして咲き始めた。何はともあれ、桜のシーズンだ。

2020-03-11 15.17.51


そしてこれがクリニックの秘密の桜。品種を確か玉林というかそういう名前だったような・・・。(サクランボの品種)。毎年サクランボを食べたいと思ってい眺めているが、まだ実が実ったことはない。





グリーンヒルで出産して、朝食堂で食事をすると、もれなくついてくるすっぴん写真撮影と院長の独話である。一部の患者様には不評かもしれない、二度と来るもんか、と思われている方もいらっしゃるかもしれない。でも、なかにはこの話がいいという方も時にいらっしゃることもあり、大体ここ10年ほど続けている。

当院の朝食は朝8時なので、大体朝食を食堂で食べる方々はその時間に集まってくる。で、どうせ食べるなら、楽しく会話が弾むに越したことはないので、その話の話題提供として私が口火を切る形で話を始めたのがきっかけであった。どうせ話をするなら、臨床に結びついている話が、産後の皆様のためにもなるであろうと、テーマを大体4つに絞って話している(黄疸、抜糸、K2シロップ、当院の診療体制)。

話は時に脱線するので、ときにダイエットや日焼けや枝豆の話に飛び火するし、時にはこれらのテーマを聞いて2回目という方もいらっしゃるので、オプションの話もないわけでない。ま、朝食時に院長の与太話にお付き合いいただくようで申し訳ないが、私としては診療の補助の一環と同時に、食堂で患者様同士の会話が進んで、友達作りに貢献できれば、と願っているのである。

DSCN5211

で、この会話の前に行う行事が、皆様の写真撮影である。原則はおひとり様につき1枚である。お産でつかれた、夜新生児にお使いしてつかれた、歩くと痛い、そういういろいろな思いで迎えた朝食時である。心の中で様々思いの渦巻く中で、後日振り返った時に、あの時私は・・・と思っていただければいいなと、勝手に私は思って、写真撮影をするのである。

結婚したての頃は夫婦の写真が多くても、子供ができると子供の写真が中心で、親の写真は少なくなる。そうした中に、お産の頃にこうであったと。

ちなみに、この写真を整理するのは、私ですから、他者の目には触れません。クリニックで撮影した出産時の写真、沐浴時の写真、退院時の写真と合わせて、1か月検診時にお渡しします。ただし、その時点でお子様の保険証とひまわりカードができていることが条件となります。

なかにはやはり表情の硬い褥婦様のいらっしゃいます。しかし、日がたつにつれ、写真撮影にも慣れるとと同時に、産後の新たな生活にも少しづつ慣れて、表情がこなれてくるような気もします。最初からリラックスして、笑顔全開という方もいらっしゃることも事実です。

ま、院長の与太話に付き合う間と我慢いただければ、と願っていますが・・・・・

DSCN5208

日曜日、朝からお産が2件。お産が住むと、天気もいいし、念願の草取りをする。特に裏庭はちょっと草が目立っていたので、少し間引きする程度であるが、草取りをした。

裏庭は基本は、冬場のビオラ、そして芝桜とチューリップ、シャクヤク、そしてお楽しみのアスパラガス、枝豆と続く予定である。草をとると、ようやくシャクヤクの赤い新芽がわかるようになった。

DSCN5209

チューリップも2種類混在してい。で、よく見ると葉っぱの形が違うようで・・・

DSCN5213

幅広タイプと縮れたタイプ

DSCN5216

チューリップもそろそろ咲くかな、と。そういえば、桜も種類によってはもう咲いている。

↑このページのトップヘ