実家で咲いていたので、もしかしてと思って、クリニックの中庭をみてみたら、ありました。

DSC_3682

つぼみも大きく、ここ数日の好天に恵まれれば、花開くことでしょう。この寒い時期に、甘く香るにおい、柔らかい黄色の花びら、好きな花です。

1月5日通常の診療開始です。といっても、年末は大みそかに帝王切開したし、元旦に母体搬送したし、お産も今朝までに一人生まれて、通算2015年の3人目です。1月3日は妊婦健診を先行して行い、1月4日は当番医。久方ぶりに19名と多かった。

そこでふと気づいたことを。当番医の際にお越しになる方々のパターンはいくつかあるようで・・・・

①緊急避妊目的
当院ではノルレボというお薬を処方しています。以前、週末の重なりで、ノルレボを使い果たしたことがあったので、現在ノルレボの最低限の常備は10名分と。ま、この薬は緊急性があるといえば、ありますが、しかし72時間以内の服用と考えれば、少し余裕はあるような・・。でも、家族計画協会の北村先生によれば少しでも早い服用が効果的(?)と。

②やや緊急性のある病態
外傷やヘルペスなど、気づいたのは土曜の夜だったので来院と。これも緊急性のあることであり、納得できます。

③オリモノの悩み
意外と多いのは、オリモノが多い、とかかゆみがあるとか・・・。これは日曜でなくてもよさそうですし、近場の産婦人科が便利であろうに、とも思いますが、当事者である方々にとっては真剣な思いでお越しいただくので、きちんと対応いたします。ただ、問題は再診する場合ということになります。わざわざ遠い距離を再度来るかどうか、なので場合によっては結果郵送と。

④妊娠に関して
妊娠した、たまたま実家に帰っていたというような場合もあれば、妊娠を継続するかどうか悩んでいる、というような場合も。妊娠検査薬が陽性であるということは、基本的には妊娠であり、あとは正常妊娠か、異常妊娠かの判断と今後の対応ということになります。

⑤当院受診中の方々で
私からの指示で来院される方、時期的に咳発熱下痢などの症状が急きょ出現し、来院される方々、などでしょうか。

どのパターンが多い、ということはないのですが、年末年始はやはり里帰り中に受診される方も多いようで、それを念頭にした説明も意外とありました。

さて、今日からは本来の診療体制となります(といっても私個人は、ずっと同じスタイルを続けているだけですが)。きっと年始明けで患者様も多いことでしょう。今年もまた頑張りましょう。

 晴れ間が出たようで、すぐ曇って、粉雪が舞う、そんな正月である。31日、1日は少し忙しかったが、今日は幸いお産もない。ということで少し余裕もできたので、ちょっとプライベート。といっても買いたかった紅茶を階に行って、本を買って、園芸用品を買って、と。

 本当は蜂楽饅頭がほしかったのであるが、上通店は4日までお休みだった。鶴屋の地下をのぞいたら、同じ思いの人が予想以上に多く、尾の列に並んでまで饅頭を買うか、と自問自答し、引き上げることにした。それから銀行によって、記帳して、と帰ってお仕事再開である。

 本当は園芸作業をしたかったが、これだけ寒いとどうもその気になれない。それにレセプト業務というものもまっているし・・・・。

F

 これは今年の花。毎年年末に飾ってもらって、大体10日前後まで飾っています。ここは玄関で、直接日が当たらず、いつも寒い場所なので、花も長持ちします。気とこうした花にも、様々な流行があるのでしょう。この花もよくみると、花なのか、コーティングされた花なのか、と悩まないでもない。でもやはり正月。華やいだ気分にと思えば、やはりこれは必要かな。

 そういえば、実家にあいさつに行ったら、蝋梅が一輪早くも咲いていた。そうか、蝋梅、水仙の季節となりました。

2015年、平成27年となりました。明けましておめでとうございます。

2014年は、お役所は9連休と伺っています。当院は12月29日まで診療、12月30日から1月4日までが休診です。しかし、当院はお産を扱う施設なので、妊婦健診を行う都合上、外来の長期閉鎖になると妊娠36週以降の方々の妊婦健診に支障をきたします。またそれ以外にも気になる方々がいらっしゃいますので、そうした方々をどこかで診なくてはなりません。おまけに1月4日は当番医と。

こうした事情に加えて、これまで多忙にかまけてできなったこともしなくてはならない。大掃除も当然ですが、その前に物品の整理整頓という業務もあります。ということで、30日、31日とそれなりに忙しかった。

年末の業務、月末の業務、こうした仕事が結果として、この年末年始の業務となります。しかしそれだけでは私もちょっと寂しい。ということで、ちょっとドライブ、それから本屋さんに行って文庫を3冊。これが私の年末の楽しみかな、と。正月からお酒という楽しみもありましたが、禁酒を公言している以上、これはしばらくお預け。本当はこれに加えて、園芸作業をしたかったのですが、気づいた時にはお店がしまっていたので、不可能となりました。

そうした年末年始、忙しくもあり、暇なようでもあります。病棟の入院は数名となりましたが、早産の入院管理があり、お産があり、帝王切開があり、母体搬送と続きました。でもこれは年末年始だからというより、いつもの光景でもあります。やはり仕事柄、年末年始も何ら変わらない、という当たり前の状況であると、感じるばかりです。

本年もよろしくお願い申し上げます。皆様にも、当院にとっても、いいことがありますように。

DSC_3634

写真は、ちょっとドライブのついでにとった阿蘇の風景。昨年から噴煙が続き、少し曇っているような天気です。

↑このページのトップヘ