10連休、なかなか忙しいのである。5月になっても忙しい。

DSCN2344


5月1日 水曜日(当院は水曜日は本来休診日である)
外来15名とお産1例と帝王切開2例。

5月2日 木曜日(通常通りの診療)
外来67名とお産1例と帝王切開1例

5月3日 金曜日、祭日(憲法記念日)
当番医として診療した。また10連休なので妊婦健診も再診として行った。結果、47名がお越しになった。またお産も1例あった。

と、この3日間はなかなか充実した3日間であった。5月3日、夕方診療が終わると(当番医は17時までである)、天気はいい。で、悩んだけれど、ちょっと外出した。4月27日から5月3日まで、ほぼクリニック内で過ごしたので、気分転換に。

DSCN2342

ヤマボウシが咲き始めた。緑と白のコントラスト。そして熊本は暑く、夏場になるとヤマボウシは下手ってしまうこともあり、この時期の新緑の緑が一番である。

外出はオープンで車を流した。運転していると腹が減ったな、と。で、マックスバリューによって、野菜を購入(益城市場・ふるさと市場は今日はお休みかな、と)。白ワインの魅力にひかれて、そして十分働いたし、と言い訳をしながら。

さて、5月4日からは少しプライベートが楽しむ予定である。といっても、まずは園芸作業であるけれど・・・。

忙しくしてしまったもう一つの理由が、PCの移行である。半分くらいは片が付いたが、まだ思うようにはいかない。しかし、PC自体の動作は安定しているので、突然データが消える恐れはなくなった。これを機に、PCのデーターの整理にも少し手を付ける(こうしたこともやるから忙しくなる)

DSCN2384

切って、ゆでて、炒めて、混ぜて、と。


平成最後といっても、特に感傷があるわけではない。単に連休の隙間だから、患者さんが少なければいいな、と思っていた。


しかしその目論見は診療開始直後から大きく狂う。まず、1例目の妊婦健診の方の診察後に急きょ緊急搬送することとなり、その準備やら連絡やらで、外来が滞り始める。ようやく段取りがついたと思って、外来再開。しかし、婦人科の方のお話を聞くと、どうも産婦人科より内科の受診が望ましい、と判断される。さて、そこで問題となるのが、近隣の内科のどこが空いているのか、わからないということ。ちなみに、熊本赤十字病院にお訊ねすると、救急外来のみと。近隣の内科の住所を地図で示し、面倒ながら直接受診いただくようにお願いした。


ようやく再開。外来は9割がた妊婦さまである。そしてGWを利用して、遠方からの里帰り前の診察という方も数名。午前中の外来がようやく終わったのが1時過ぎ。ようやく一息とおもったら、次はお産。17時を過ぎると外来もぱたりと減り、19時には外来はきちんと終わった。67名の受診、1例の緊急搬送、1例の出産で、平成最後の日は終わった。


平成は終わって、今日から令和である。だからといって何が変わるわけではないが、面倒なのは、平成と書かれた書類の扱いかな、と。そして今日からレセプト業務も始まるし、そして、今日は令和にぜひとも生みたいというお方が2名いらっしゃる。やることが特に変わるわけではなくて、事務手続きがやや煩雑になったな、というのが正直なところである。

DSCN2327 (1280x961)

玄関わきの白梅に実がなっていた。昨日の雨で実が落ちていたので、いっそのこと、と実を収穫した。計30個である。さて、どうするか、と。

もう少ししたら李も収穫である。梅も杏も、焼酎漬けというわけにもいくまい(昨年は李は焼酎につけた)。今年は李ジャムにして、患者様に試食していただくというのも一興かもしれない。

巷は10連休らしい。当院では何ら変わりのない例年通りのGWである。

DSCN2264 (1280x960)

4月27日 土曜日 通常通りの診療。午後から無痛分娩の院内研修会。5名の新生児が生まれた。

4月28日 日曜日 休診日である。ちょっとだけ園芸作業をして、裏庭のチューリップを掘り起こした。時間に余裕があれば、土と肥料を入れて耕して、枝豆とトマトを植えるつもりであったが、できなかった。2名生まれた。

4月29日 みどりの日 休診日。朝から1名生まれて、もう1名悩ましい方が・・・。念のため帝王切開の用意をしながら、待機する。天気も悪く、たまった事務仕事と部屋の掃除をする。夕方にようやくうまれた。それからついにPCの移行に取り掛かるが、いくつかのトラブルがあり、結局途中中断。結局まだPCは移行できなかった。

4月30日 火曜日。平成最後の日である。今朝も天気は思わしくない。今日は通常通りの外来であるが、ちまたは休みだから、外来は混むかもしれないし、混まないかもしれない。いまのところお産もなさそうである。

DSCN2272 (1280x916)

平成、令和と年号が変わる。私なんて昭和生まれだから、さらに一回り古い人間となってしまった。

この連休前半で生まれた方々は、当然ながら平成生まれとなる。そして明日からは令和生まれである。令和で生みたいという帝王切開予定の方がいらっしゃるので、5月1日と2日は帝王切開を予定している。

出も当院の分娩予定者の方を見ると、まだ4月予定の方が数名残っている。これらの方々も、もどかしい思いを抱きながら、平成から令和を迎えるのかもしれない。早くすっきりしたい、という思いと、せっかくなら令和でという思いとのせめぎあいかもしれない。

しかし、お産に関しては、やはり本当の陣痛が来ないと生まれないし、やはりこればっかりは人知の及ばない神様の世界の方がいいかな、と思っている。

なので、私としては、お産でお越しになった方々に粛々と対応を繰り返す、という当たり前のことを当たり前の繰り返すのみである。

DSCN2274 (1280x960)

写真は、玄関わきのヤマボウシとハナミズキ。ヤマボウシはしっかり新緑の緑となった。ハナミズキはこの時期花が咲き始めた。(厳密にいえばハナミズキは花ではなかったようなきもするが)。そしてもうしばらくすれば、ヤマボウシの白の花も咲く。季節は新緑へ。

新緑ということは、いよいよくまもと夏が始まる。冷房が必要な4階の部屋である(好天だと屋上があったまって、4階の部屋にいる私は暑いのである)。

↑このページのトップヘ