現在私の日記帳と化している、この”いつか南の島に”のブログは、2014年10月開設である。で、その前には別なブログに書いていて、そのブログが閉鎖されるため、こちらに移って、以来6年と6か月である。開業の思い、日々の思い、思い出、医療に対する考えなどを好き勝手につづっている。

その前のブログも、後半はだいたいそのようなものであったが、前半はクリニック開業をアピールするための戦略的な思いもあったので、たぶん開業前からつづっていた。開業は2007年6月であるから、たぶん開業前の2007年あるいは2006年末から始めていたかもしれない。ということは、ざっと15年ほどこうしたブログを続けていることになる。

開業当初は、まだFBもツイッターもインスタもなかったかもしれないし、あったけどそれほどメジャーでもなかったと思う。なので、ミクシィーとブログとHPでせっせと発信していた。しかし次第に本業が忙しくなり、時間の余裕がなくなり、HPとブログの維持で精いっぱいとなった。そしてブログ変更、HP変更というながれのなかで、FBを始めて、ちょっとだけインスタを始めて、今に至る。

開業前は少しでも失敗したくない、早く皆様に認めてもらわなければ、という気持ちが先行していた。しかし、いまでは産婦人科診療を続けることは当たり前となり、万が一当院を閉院することがあっても、皆様に迷惑をかけることなく幕を引くことはできるであろうし、私自身の働き口はどこかにみつかるであろう。なので、今の状態を少しでもいい形で続けられるように、と淡々と日々を重ねているような状況である。

その一環としてブログを続けている。以前は個人のブログとクリニックのブログと分けていたが、両方書く余力はないので、いまはブログ一つ、FBでの発信にとどめる。大体、朝起きて、コーヒーを淹れて、メールをチェックして、それからFBを更新して、ブログを更新して、それからクリニックの仕事を始める、というスタイルである。

この朝方が、一番私自身の頭がすっきりしている時間であり、いろいろなことを余裕をもって考えられる時間でもある。なので、この時間をじゃまされたくはないけれど、しかし、そこに時に何かが起こるのが、お産の世界である。まして、12時過ぎから数回起こされると、とてもこの時間の維持は不可能である。時に昼間や夜に更新することもないわけではないが、ほとんどのブログは、朝の日課であり、私の行動開始の一連の儀式である。なので、この儀式がないまま、仕事が始まると、なんとなく具合が悪い。

DSCN5163

さて、そうして書き綴っているブログである。ときたま、患者様からブログみてます、といわれることもあれば、ブログのコメントに連絡をいただくこともある。どちらかというと、ブログ自体は私の一方的なものであるから、双方向通信というわけにはいかないけれど、ま、今のグリーンヒルで院長がこう考えている、こう行動している、と皆様に理解してもられば、と思っている。

少しは格好をつけないわけも出ないが、あまり格好をつけても、維持できないので、写真も含めてできるだけ素のままであるようにと心がけている。

時にはネタに困ることもあるので、その時は写真を見直して、そういえばこれこれ、と思って書くこともあれば、一回で表現できないと思えば、シリーズにしてみたりと。

と考えると、このブログの維持に貢献しているのは、写真ということになる。どうも動画は苦手で、やはり写真がいい。そういえば私は昔からカメラ小僧であった。いまはスマホで写真も動画もとれる時代であるけれど、昔はカメラを持ち歩くか、自分でスケッチをしないと風景は残らなかった。で、スケッチの才能のない私は、カメラに頼らざるを得なかった。そのカメラも、昔は現像して、それをスキャンしてあるいはCDに落として、という時代から、今ではダイレクトにメモリーとして保存するようになった。

DSCN5164

私はキーボードがないと文字の文字の入力が苦手なので、スマホでのブログ更新はできない。インスタだけはちょっとだけスマホでやっているけれど、あれが精いっぱいである。グリーンヒルの院長、あるいは西村宏祐の個人的な状態を暴露しているようなものであるけれど、私の日記帳のようなものであり、それを皆様に開示して、私個人あるいはグリーンヒルという院長の内面を理解いただければ、と。

一種の情報開示のようなもので、なので、現在では、あまり宣伝という意味合いはない、と思っている。

さて、そろそろ6時となった。今朝はお産の入院はなかったようで、朝まで静かに眠ることもできたし、ブログの中断もなかった。本格的に仕事でも始めるとしよう。

写真は中庭のハナニラ。今が盛りかもしれない。高さ15cmくらいの白い花である。にらの一種であるから葉っぱはニラそのものである。近づくとニラ独特のにおいもすこし。この時期、緑と白で、風にたなびき、お日様に向けて花が咲く。今が盛りである。

昨日(3月10日)は朝方天気も良くて、水曜日だし、なにもなければ外出したかったけれど、病棟にお産の待機の方もいるし、無理かな、と思っていた。


午前中に診察も数名、両親学級もすんで、さてさて、と思っていたら、お産も急に進んで生まれた。よしこれで午後から外出できると思ったのであるが、産後の方の診察もあり、いくつかの雑用もあり、結果として外出できたのは、午後4時過ぎ。残念ながら日も傾きつつあり、今から阿蘇に行っても仕方がない。なので、引き返して、ちょっと走って、それからビデオを見て、眠った。


そうした合間にちょっと・・・。

DSCN5148

これは昔もらった胡蝶蘭。3鉢あって、二鉢は枯れた。一つだけ残っていて、北側の窓において水だけやっていたら、いつのまにか花芽が付いた。

DSCN5150

白一色なのである。ほかにも小さいのがあるから、今しばらく咲くかもしれない。

DSCN5158

裏庭では、クロッカスが開き始めた。

DSCN5160



チューリップのつぼみも大きくなった。この週末くらいさくかな、と。

そしてこの週末にはこの裏庭のお手入れも必要かもしれない。でも春の原野をドライブしたくもある。

春は行きつ、戻りつ、と聞いたような・・・。この時期暖かくなったり、寒くなったり、天気が良かったり、春雷となったりと、と変化しながら、春の盛りに、ということであろうけれど、でも、夏だって、秋だって、やはり季節は変化するよな、とも。

でもやはりこの時期、植物の変化は著しい。芽吹いて、花が咲いて、と。当院でも、蝋梅が咲き、白梅がさき、水仙がさいて、椿と山茶花が咲いて、ハナニラ、クリスマスローズと続く。そして木々には新し新芽が。

DSCN5062

これはフェンス沿いの赤いバラ。たくさん芽が出てきた。

DSCN5074

こちらは裏庭のチューリップ。この真ん中の膨らんでいる部分は蕾かな、と。いつ頃咲くかな、と。そしてどんなようにさくかな、と(2種類の球根が混在しているので)

ハナニラも風にたなびくように群れて咲いてきた。時に寒い日もあるし、またこれからは遅霜に要注意であるけれど、やはり春はそこまで、である。

早く新型コロナが収束することを願って。

↑このページのトップヘ