雨が続くし、カーテンを開けても曇天だし、たぶんどこかに行っても雨。おまけにやはりコロナもあるいし、さらに言えば私の仕事柄遠出は難しい。そこで、久しぶりに昔を思い出すことにした。

開業前に福岡に約5年ほど住んでいた。最初の半年は粕屋という場所に。それから福岡市内に移動して、4年ほど住んだ。当時の勤務先は、福岡市内にある産婦人科クリニックで、3か所の勤務先があり、車や自転車で通勤していた。その後、そのクリニックを離れ、古賀市にある産婦人科で1年ほど働いた。

福岡市は、海が近く、そしてちょっと足を伸ばせば、あちこちに自然が広がり、程よい都会で交通の便もよく、食べ物屋さんも多く、人が集まるはずだ、と強く感じた。私としては、事情があり、福岡に転居することになったのであるが、せっかく福岡に住むなら、といる間は私なりに楽しませていただいた。

とはいえ、いまから15年くらい前の話であるから、今とは変わっているかもしれない。変化の大きい町であるから。

P10000052005-09-27

室見川から百道方面を眺める。今から16年前の写真なので、マンションなどですこし感じがかわっていると思う。住んでいるところ(室見と藤崎)から、室見川は近く、程よく走るにもいいコースであったので、時に朝に走っていた。

P10000062005-09-27

カーリーサイモンの何とかという歌(ワーキングガールという映画のイントロに流れる、Let the River Run)というメロディーをハミングしながら、私なりに都会を走るというイメージで楽しんでいた。(映画そのものは、NYを舞台として、今はなくなってしまったワールドトレードセンターが舞台であったか)

P1000503

お気にいりの場所が、大濠公園の中之島の石のベンチ。行く途中に西新商店街によって蜂楽饅頭を買って、この石の上で寝転んで本を読む、というのがベストであった。暑くても程よい日影があり、水面を渡る風は心地よかった。

住んでいる場所から、自転車であちこちめぐる、というのが当時の私の趣味であった。福岡市といっても、ちょっと離れるといろいろな発見があった。

当院は2007年6月1日が公式の開院日である。2007年なので、現在までに13年が経過したことになる。開院以来、一度増築工事を行い、そして熊本地震後に大規模改修工事を行った。耐用年数の経過した一部の機器(空調機、電子カルテ用のPC、他)は一部更新した。

13年が経過したが、正常に作動できるものは、修理して使っている。というか、開業時に選択した機器や内装がベストであると思っているので、出来るだけそれを維持するように努めている。摩耗や損傷した部分を交換すると、やはりイメージが変わってしまう。なので、交換あるいは更新する場合には、出来るだけ以前のイメージを壊さないものを選んでいる。

そうした中であらかた大型機械の更新と内装の類の更新は終わったと思っていたが、まだまだ更新できていない場所・部分がある、ことを最近改めて気づいた。


2020-07-08 17.05.31

こちらは待合室のウォシュレットである。当院の待合室と病室は、すべてをシュレットがついているけれど、これらの機種は開院以来のものである。別に壊れないし、支障はないと思っていた。

先日このトイレのリモコンが不調であるといわれて、TOTOの業者の方に連絡してみてもらった。壊れている。そしてこの型番は10年が経過し、部品がない、と言われた。ということは、このをシュレットは使えない、ということになる。

しかし、不思議なことにその翌日にリモコンを他の部屋のリモコンと変えたら、使えることが判明した。また、その壊れているはずのリモコンを別な機械に着けたら、使えることが判明して、いったい壊れているという診断は正確であったのであろうか、と疑問に思うばかりでもあった。


2020-07-08 17.05.43

確かにこの製品はなさそうである。しかし当面は動いている。どうすべきか、と。

仮に1台10万として、院内のトイレのすべてを取り換えるなら、費用だけで100万を超えるし、その工事費用はそこに人件費がかかるなら、数百万単位となる。

とはいえ、壊れているものを使用することはできない。そこで、まずは調査をすることとした。当院のトイレの機器をすべて点検し、そのうえでどのような更新方法を考えるか、と。

で、そう考えると他にも耐用年数を超えた機械は存在するわけで、いったいどこまですべきか、と自問自答の毎日がしばらく続く。

待合室から見える庭は、基本的に緑。その中に、今は百日紅の花が咲いている。(でも、この写真では見えません)


2020-07-08 17.15.47

あれこれ考えたのであるが、やはりここにバラをと思い、支柱を立てて、新雪の苗を植えてみた。紫蘭の向こう側。


2020-07-08 17.15.58

この写真の中に2本の苗があるが、背景の緑もあり、私にしかわからないかな、と。構想では、この支柱を取り巻くようにして白と緑の世界であるが、果たして構想通りにいくかな、と。


2020-07-08 17.09.54

もう1本ここに植えてみた。ここは日当たりが悪いけれど・・・。


2020-07-08 17.09.48

でもフェンス沿いで探すとなると、もう場所がなかった。野ばらを抜く、という手もあるが、せっかく大きくなったし、残すこととした。

これらの苗が、今年の夏を無事超えて、そして冬を超えてくれることを願うばかりである。

さて、これで新雪の種まきは満足した。そろそろ次の種まきをしたいなと思っている。なので、そろそろバラの実をつけるか、と。あるいはシャクヤクの種を取るかな、と。またそろそろシャクヤクを3鉢ほど掘り上げようと思っています。時期がいつがいいのか、良く調べて、そして希望者がいればお分けします。

↑このページのトップヘ