当院は土地を借りて建物が作られている(いわゆる定期借地法に基づいている)。当然その地主さんであれば、当院の経営状況は気になるところであろう。また周囲の農地の一部は、同じ地主さんの土地であり、そこで水田耕作を営んでいることもあり、1日に2回くらいこの界隈を犬を連れて散歩されている。そうやって回って、水田の状態を見て、当院の状態を見て、ということであろう。

さて、その地主さんから、最近駐車場に止まっている車が少ないと心配されてしまった。お産も減っているのでは、と。


DSCN1003

確かにその見立ては正しい。確かに今は駐車場に止まる車は少ない。また、昨年の分娩数は、その前年より10%くらい少なかった。さすが毎日見ていれば、と慧眼に恐れ入る。

しかし、お産の変動数は、毎年の変動数の範囲内と思っているし、外来受診総数はあまり変化がない(これは少し前に当院の2020年の統計で報告した通りである)。で、何が違うかというと、新しい生活スタイルに伴う変化である。

もともと、当院の外来は、あっさり系で、さっさときて、さっさと帰る、ということでお越しになる皆様のクリニックの滞在時間は短かった。しかし、あっさりしているからといって、内容が薄いわけではなくて(あっさりだけやおましまへん)、それなりのスタッフの分業で、工夫しての診療であるし、このスタイルを変えたわけではない。

変わったのは、お供の方々である。現在、待合室で待機いただくのは、原則として受診される方ご本人のみのとしている。どうしてもお子様を預けられない場合には、お子様同席も仕方ないけれど、基本はお一人でと。その結果、待合室はスカスカの状態である。そのため、次の患者様への連絡も早いし、お付き添いの方に時間を取られることもなく、スムーズに外来はまわる。

また入院の方のご家族は、出産当日はおひとり様まで立ち合いができるが、以後は面会はお断りをさせていただいている。また家族の宿泊もお断りさせていただいてる。そのため、付き添いの家族が不在となり、そのための車も減っている。

DSCN1005


こうした事情で、駐車場に止まる車は少なくなっている、と思う。また現在の分娩予約の状況からすれば、2021年の出産数も例年前後を維持すると思っている。

写真は少し整地された麦畑。こちらの畑の地主は当院の地主ではないけれど・・・

日曜、月曜と温かった。しかし月曜の夕方から寒くなり、今朝も結構冷え込んでいるような気がする。2月があったかいと春めいてくるけれど、やはり2月だから寒くなくっちゃとも思う。そしてこの寒さがあるからこそ、寒さに耐えていろいろな事態が進行する。

DSCN4922

黄水仙。今年はまだ咲かない。これは去年の写真から。

DSCN4967

クリスマスローズ、こちらもまだ咲かない。

DSCN4971

中庭の椿(山茶花?)こちらもまだ咲かない。

これらの花が開花するためには、ある程度の寒さにさらされることが必要なのか、日照時間の変化が必要なのか、あるいは植物の体内に秘められたなんらかのタイマーの作動が必要なのか、私にはわからないけれど・・・。

でもたぶんまだ咲かない、と思っていたら、いがいと花芽がそこまでということもある。灯台下暗しでもある。見ているつもりで、見ていない、というのはよくある話でもある。

寒いからこそ得られる楽しみもあると思えば、寒いのもかまわない。というか、たぶん四季があるということは、暑いこともあれば、寒いこともあり、そして素肌に心地よい時期もある。その折々を自分なりに楽しめれば、いつの時期でも楽しいのかもしれない。暑い、寒いと嘆くより、その環境に適応し、自分なりの楽しみを見いだせれば、と。

日曜日、バラのお手入れをするつもりであったが、まだタネはできていないようであった。このまま剪定すれば、種は当然なくなる。でもそろそろ新芽も出てきているし、お手入れの時期でもある。どうするかな。

写真は、カメラが壊れているので、昨年のこの時期のものから。



まだその技量がないころは、手術の外回りで、手術中は勉強するというより、雑用係で忙しかった。手術が順調にすすむように、そして術者が怒らないようにと配慮することで。そうした研修医の頃から月日がながれ、助手を務めて、そして執刀医となり、と。

現在、当院で私が執刀するのは、帝王切開と流産手術くらいであるけれど、ある意味私が王様であるから、術中威張っているかもしれないな、とふと思った。

確かに手術中は、瞬時の判断が必要であり、かゆいところにスパッと手が届かないと面倒なことになる。しかし、自分でやっていてもうまくいかないことがあるわけであるから、他者であれば当たり前。できるだけ気持ちを高ぶらせないようにとと務めているつもりである。怒ってスタッフに物を投げるなんて行為はしたことはないが、言葉の暴力はあるかもしれんな~と。

また、怒ったことで、手術がうまく進むはずもなく、かえって気持ちが高ぶって冷静さを欠くし、火に油を注ぐ行為はのぞましくない。なので、淡々とするようには心掛けているけれど、それでも時に・・・。スタッフの皆様、そして患者の皆様、若輩者で申し訳ありません。

DSCN4846

最近、帝王切開後の体の疲れを意識するようになった。還暦だからかもしれない。なので、帝王切開後に診療となると、ちょっと体が進まない。緊急帝王切開ならば仕方がないが、緊急帝王切開でなければ、できるだけ私の負担がすくないように、と考えている。そのためにはスタッフの充足、執刀時間への配慮が必要である。

また不思議なもので、これが助手だとその負担は大きく減る。お気楽にできるからかな、とおもうけれど、やはり背負う責任の重みが違うということであろう。開業医であり、院長であり、理事長であり、すべての診療行為の責任の重みは結構重たいのである。

となれば、やはりこの重みから解放されるのは、引退の時しかないわけで・・・・。ということは、引退できるまでは、あれやこれやと工夫しながらその重みを減らす、あるいはその重みから早期に回復する手段を考慮するしかないわけで・・・・


DSCN4845

これは去年のバラの種の発芽。こうした園芸も気分転換として必要である。とくに今は膝の調子がわるく、しゃがみたくないので、立ってできる作業で考えると、この週末に種集めをして、と。問題は、肝心の種があるかな、と。

↑このページのトップヘ