ここ数日本当に寒い。雪も各地で降っていることであろう。12月だから当たり前といえば、当たり前であるが・・・。寒くなると、外来の立ち上がりが遅くなる。つまり、9時台が少なくて、11時頃が多くなると。ま、今日は休みの前日だからそこそこ多いことは予想されるが・・・。

 先週は、そこそこ忙しく、この調子で週末を迎えると、という一抹の不安があったが、週末は平穏であった。とはいえお産も数件はあったわけではある。個人的ないくつかの事項があり(年賀状、知人の葬儀、車)と年末に向けての諸雑用で、いつのまにやら終わった。車の話はいつか書くこともあるであろう。

 さて今日は悲しい話を。クリニックのオープン当初、クリニックを案内するための目印に、リンガーハットあるいは香味彩という料理屋さんをよく使っていた。そしてその香味彩がこの12月23日(22日だったかもしれないが)で閉店する、と。様々な事情があるのであろうけれども、私としては、目の前のいつでも食べられたおいしい中華がなくなるのは悲しい。エビセン、レタス炒め、と私の好みがあっただけに残念である。いつの日かどこかに同じような店ができることを願う。
IMG_0118

写真は、ここ数日繁忙を極めているその香味彩。きっと多数のファンが味を惜しんで食べに来ているのであろう。引き際はこうもありたいものである。

さて、となると私はどこに中華を食べに行くか、という切実な問題が生じるな・・・。どうも私は着飾っていくということは苦手なので、普段着で普通に食べてというお店で、あとはお値段がそこそこであれば、ということになるのであるが・・・。該当するお店は心当たりはあるが、ちょっと遠くて歩いてはいけない。困った。