11月から12月にかけて、些細なことであるが、私の身の回りで様々な変化があった。パソコン、カメラ、車、と。これらは、些細なことであるが、基本的なことであるので、これらが落ち着かないと、仕事が様々な理由で滞る。

パソコンの話はさんざん書いたとおりである。後二つの課題を克服すれば、ようやく修理にだせる。もうしばらく画面が狭いことに対応しなくてはならない。

カメラもニコンには裏切られた思いで、修理に出している。これが届くのいつか、そしてその間の代替え機と急きょ購入したキャノンのパワーショット。問題は、色合いが求めるものとちょっと違うけれども、まこれも良しとしよう。

車。これはまだよくわからない。大体車に乗る時間がそうあるわけではないし、車を使うのは生活必需品の買い出しと、市内の某所で学会がある時の参加のため、のようなものである。気晴らしには、これまで自転車か、走っていた。

しかしこうした一連の事象も、ようやく収まりつつある。というか慣れつつある。となると、その先に控えるのは、という考えたくもないことでもある。

IMG_0102

二階の吹き抜けの窓に近い部分に置いたアボガド。少し苗らしくなってきた。これが結実するのは数年先であると聞いている。二鉢あって、一鉢は日当たりが悪かったせいか、葉っぱが元気がなくなった。一方のこの苗はすくすくと育っている。

寒さに弱いような気がするので、露地植えは難しいような気がするので、このままこの吹き抜けの部分で育てようと思っているが、果たしていつの日か本当に実はなるのであろうか。

さて、いよいよ年末も近づく。外来も年末でそこそこ忙しい。今年は公立の施設は9連休と聞いている。いいなとは思うが、当院で9連休なんて・・・。確かに休みはありがたいが、その結果前後の日が混むのは望ましくない。まして、産科診療となると、長期の休みは私にとっても、患者様にとってもありがたくない。

ということできっと年末も年始も、同じような日々を送っていることであろう。ただ時間があれば、今年は冷たい空気を肌で感じながら、近場を車を運転していることであろう。晴天を祈ろう。