数年前まで福岡に住んでいた。どちらかというと西のほうで、その界隈の風景や、都市高速の風景・風土は好きであった。また、最後の1年は古賀市にある病院に福岡から通ったが、その際の風景や古賀の海岸線も好きであった。残念ながら、今私が勤務するこの地(熊本市)は、海岸線には縁の遠い場所であり、それが懸案といえば懸案であるが、これは解決することはない。

日曜日天気が良かったので、ちょっと遠出をしてしまった。幸いにお産もすみ、すぐ生まれそうな人もいない。せっかくの休日ということで・・・・。

DSC_3877 (640x427)

この橋は、博多港の上にかかるかかる橋である。この付近で一番の高さがあり、遠く能古島も目にすることができるが、そのためには助手席にいて目を凝らさなければならない。

DSC_3889 (640x427)

夕暮れ時に能古島が茜色の時間帯に、この部分を通ることが好きであった。遠くに船が進んでいればなお一層よいのであるが・・。

結局、福岡に行って、都市高速の内側をぐるっと一回りして、そして大宰府でお土産をかってと思っていたが、近くに行くとすごい混雑。そうか試験前か。ということで大宰府からはさっさと退散して、四天王寺のある山に登って山のてっぺんから大宰府と国立博物館を眺めて帰った。

都合5時間のドライブとなった。帰ったら、そこそこ仕事があって、お産の入院もあり、つかの間のドライブであった。残念 梅ヶ枝餅と宝満山(このような字であったか不明)

DSC_3898 (640x427)