去年の末にシクラメンをもらったような気がする。二鉢もらった。一鉢は途中で花が咲かなくなったので、今退避中である。もう一鉢は、まだ元気に咲いているので、玄関脇においてある。

DSC_3990 (640x427)

どうしてもう一鉢は咲き終わりで、こちらは咲き続けているのであろうか。

たぶん環境の差と、もともとの容量の差かな、と。花が咲かなった鉢は、これより二回りほど小さくて、それを待合室の日の当たる場所に置いておいた。十分に水をやったが、突然花芽が出なくなった。

一方この玄関わきの鉢は、場所は半日蔭、温度も0度にはならないが、基本的に寒い。鉢はやや大きい。

つまり、余力のあるものは、そこそこ厳しい環境でも生き続ける、と。一方余力の少ない方は、恵まれた環境であれば、一挙に開花させてしまう、と。人の世界にも通じそうな話である。

しかし、さらにもう一歩考えれば、どちらが幸福であろうか、と。つまり、さっさと咲いて、次節に備えて眠りにつくことは、当たり前といえば当たり前。一方、長く咲くということは、耐えながら長くのばされているようなもので、さっさとお休みになりたいであろうにも、と人様の同情を誘うかもしれない。

これが人間であれば、またそこにあれこれ絡む話かもしれないが、今回はあくまでもシクラメンの話である。

私個人の気持ちとしては、きれいに咲いているのであれば、咲いている間は咲かせてあげたいな、と思っている。花芽がお休みなったら、できれば非難、そして来期も咲いていただければ、と。