当院での外来は大体平均1日60名くらいである。その大半は妊婦健診である。残りの半分がそれ以外ということになるわけである。不妊症や検査結果確認のための通院、妊娠初期の通院などがのその半分を占め、新患は大体10名前後である。新患といっても、全くの新患(診察券を始めて作る)という場合もあれば、以前何らかの理由で当院を受診され、そのお久しぶりに外来を受診される場合ということもある。

 クリニックの盛衰にかかわる大切なことであるから、新患がお越しになることは極めて大切なことである。私個人としては以前何らかの理由で当院を利用され、その後再度当院を受診いただく、ということは特にありがたいことであると思っている。

 以前の理由が子宮がん検診や、前回の妊娠であった。今回新た妊娠したので受診した。というようなケースはやはりありがたいな、と思う。また友人や家族が当院を何らかの形で利用したので、その本人も当院を受診したというような新患のケースもありがたいなと思う。

 こうした受診は、以前の受診や家族の対応がそれなりの心に残るものであったので、受診いただいたわけであろうから、以前の対応が大きくは間違っていなかった、と。これは私も含めてクリニック方向として間違っていなかったということであろうと改めて感じる。

 そういえば最近当院で純粋に4回出産された方もいらっしゃった。4回も当院で出産するということは、その通院期間も含めれば相応の期間を当院を受診いただいたことなる。ありがたいことである。

 とはいえ、当院で苦い思いをした人は、きっと当院にはお越しにならないわけであるから、そうした苦い思いには気づかないだけのことかもしれないが・・・。

DSC_4438 (640x425)

駐車場で2か所バラが咲いている。駐車場は風が強く、バラも時に折れてしまう。ということでこの週末にはちょっと工夫をしようと思っているが、しかし何分素人なので、下手にやると不評を買うしな・・・・。