被害というものは、時間の経過とともに明らかになってくる。直後は気づかなかった。しかし、使っているうちにこれはどうも・・・と。

思ったほど被害はなかった、と思っていたし、外見上そう大きな変化はない。院内の植栽が、すべて丸坊主になって、少し木が傾いて、窓と壁が土と葉っぱで汚れている。一部の備品が飛んでなくなった(行方不明、回収できるものは改修した)。看板も無事であるし、窓ガラスも割れていない。(車の車庫の屋根が一部破損したが、車は無傷のようである)

しかし、台風が契機となって、冷房が1台不調となった。たぶん室外機が不良である。クリニック設置後7年であるから、そろそろ壊れても不思議はない。ただ、問題はどこの冷房装置が壊れたか、ということと、その修理がいつになるか、わからないということである。

たぶん県内あちこちで被害が出て、業者の方はてんてこ舞いであろう。ようやく3日後の今日に調査に来てくれる。で、部品を頼むことができれば修理可能である、不可であれば機器の丸ごとの交換である。部品にしても、本体にしても、いったい期間とお金はいくらかかるやら・・・。ちなみに、これは火災保険の対象になるのか、とも思う。

DSC_5420 (640x421)

当院の屋上設置のテレビアンテナは、傾かなかった。でもということは、この設置部分の根元にヒビがないか、ちょっと心配である。

DSC_5418 (640x425)

周囲を見渡す限りは、大きな破損はない。前川珈琲の看板の一部が剥げていた。

DSC_5417 (640x426)

こちらの方向も、きっと大なり小なり、被害があることであろう。

週末は、修理の確認と庭の手入れと思っていたが、天気が悪い。