クリニックは医療機関であり、医療行為に対する対価として、利用者である患者様からお金をいただくこととなる。で、そのお金を受け取った時に、間違いがあってはならないし、おつりがきちんと用意できないと、皆様の信頼をいただけないこととなる。

会計そのものが本業ではないので、1円まできちんと合わないと帰れない、ということはないが、時に会計が会わなくて、担当者が遅くまでレジとにらめっこをしている場合もある。これはその担当者の仕事であるので、それ相応の仕事をしていただく必要はある。

それでは、私の仕事は、ということにある。私は、産婦人科医師であるが、院長でもあるので、すべての当院での業務の責任を負う。そして当院の経緯より(実質事務長を院長が兼務)、会計は長らく私の仕事でもある。つまり、医師としての仕事が終わった後、会計の仕事を行っているのである。

当たり前になってしまえば、当たり前で大したことではないし、また、経営者として当クリニックのお金のおおよその流れが理解できるということは大切なことなので、それはそれでいいとおもっている。しかし、いつの日かできればこうした仕事から解放されたいと願っていることも事実である。

DSCN0100 (640x480)

さてそうした一連の仕事の中に、釣銭の用意という仕事がある。お金を支払う際に、小銭がなくて不自由である、という事態にならないように気を配っている。(というか診療中に、院長小銭が足りません、といわれていては仕事にならない)

(昔、釣銭が足りないことに気が付いて、朝方いくつかの終日営業のコンビニを掛け持ちして、両替をして回った覚えがある。)

そうすると、この両替という事実を目のあたりにすることになるわけで・・・。正直言うと、この両替で手数料が必要ということが昔は理解できなかった。どうして、1万円が10円玉と100円にかわるのに、手数料が必要なのか、損ではないか、と。

まがりなりにも会計の仕事に携わるようになる、当たり前のことであった。小銭を予測して用意するという手間がある、お金がきちんと合うようにする人員の配置が必要である。そしてこのお金の取り扱いが不十分などんぶり勘定では、後々とんでもないこととなる。結果としてきちんとすることはきちんとしておかないと、自分の身に降りかかってくるだけのことである。

これだけでも学習するのに、今までの時間がかかった。何事も学習である。いや、生涯学習かもしれない。

DSCN0101 (640x467)

写真は最近手入れされた中庭である。実はこの中庭には、問題がある。構造上、待合室にいても、この上の写真を目にすることは難しい。角度的に不可能な場所なのである。

つまり目に入らない場所に、このような中庭を整備する必要があるのか、と。しかしこうなってしまっている以上、その手入れを怠ると、この部分に草が茂り、それが横に広がっていく。それにここにこうして玉竜が植えられているから、乾燥が少しでも予防できる。乾燥予防により、樹木を保つ、と考えればそれはそれなりの効果である。
と考えればいいのであるが・・・。