昨日は診療報酬改定の説明会が、熊本県県立劇場で挙行された。数年おきにある、診療報酬改定の際の集団指導ととあるので、これは参加しないとと厚生局からお小言が来るかもと、何とか参加する。

これまでは自分で車で行っていたが、タクシーが早いかなと、と思ってタクシーで今回は向かった。確かにタクシーの運転手の方の裏道をぬけて、7時の開宴までについた。で、そこから2時間は拝聴した。途中でお産の入院があり、9時過ぎに抜け出した。が、今度はタクシーが捕まらない。

県立劇場前に駐車している車はすべて予約車であった。おまけに、新たに県立劇場に入ってくる車も予約車である。困った。仕方がないので、国体どおりまで歩いて(寒かったので少し小走りで)、それでも見つからず、目についたタクシー会社の営業所に駆け込んでようやくタクシーにありついた。

やはり次回からは自分の車で行こう。この時期、まだ夜は寒いので、タクシーを探しているうちに風邪でも引きかねない。渋滞は覚悟して、自分の車でと覚悟を決めたのであった。

DSCN1284 (640x460)

通り過ぎる風景を眺めていると、やはり春であると痛感するばかり。さくらも結構咲いている。いい季節となった。
本当なら土いじりを楽しみたいところである。

しかし、今回の診療報酬改定に伴う諸届と、その前に届いた熊本県からの医療情報報告でしばらく忙しいし、その前にレセプト業務もある。やることはやはり多いので、庭仕事は後回しである。

中庭のハナニラが春風に吹かれて、ゆらりゆらりと。