春は食物の成長が早いような気がする。数日前前つぼみであったのに、膣から顔を出しためのじょうたいであったのに、花開き、茎となり、緑が目立ち、と続く。

DSCN1206 (640x480)

これは裏庭の芍薬。昨年に、裏庭の配置換えで、移動した。その際に結構根を傷つけたから今年はどうかな、と思っていたが、結構元気に芽が出ている。これは数日前の写真なので、たぶん今日にはそこそこ茎も伸びていることであろう。

芍薬は花開くと頭が重たいので、風の強い場所にはあまり適さないように思う。しかしこの場所は風が強いので、実は風よけを作ろうかとも思っていたが、だんだん面倒になりつつあるので、まこれはこれでもいいか、とも。

裏庭は、そろそろパンジーが盛りを過ぎつつあり、芝桜が随所で開き始め、ピンク一色となる。その片側に芍薬、そして元気があれば、百合が出てくるはずである。

こちらの庭はしばらく手入れをする余裕がないので、そのままとせざるを得ない。構想通りに進むことを願うばかりである。