芝がのび、草の背丈がばらばらとなり、気にかかっていた。しかし、やることはてんこ盛りで、とても芝刈りや土いじりなど、と思っていた。それに17日以降結構お産があり、また体調不良で受診される妊婦様も多いので、くぎ付け状態が続いていた。

4月29日朝から天気もいい。今日も天気がよさそうで、ということ我慢しきれず、というか気分転換を兼ねて、ちょっとだけ土いじりをして、芝刈りをした。

芝刈りにしても、土いじりにしても、いいことはその時間はその作業に没頭できるということである。何もかも忘れ、と。ま、私の場合、猫の鈴ならぬPHSが首から下がっているが、それでも外に出ると気分も違う。土を触り、庭を眺めていると新たな発見もあるし、それをみて新たな構想もわく。

しかしたまっていた仕事もあり、いったん仕事にもどる。でもやはり仕事がはかどらない。で、今度は芝刈り。午後の5時から始めたので、タイムリミットは1時間少々。それでてきるところまでと。

DSCN1573 (640x473)

小さいところまでは手が回らない。できる範囲で、と。

DSCN1572 (640x474)

それでもこうなると、少しすっきりした。小さいところと玄関前がまだのこっているが、これは機会があればGWに。でもその前にレセプト業務、そして九州厚生局からの差し戻しの書類もとどく。さらにいうなら、震災後の対応として地震保険ほかの手続きを考えると頭がいたい。

こうしたときにこの地からはなれられたらと、思わないでもない。そうした煩わしさから解放される。しかし、逃げても仕事は変わらないし、まして私はお産や体調不良の妊婦様が、当院を信頼して受診していただけるのであれば、その信頼に応えなくてはならない。悩み多き妊婦様のすこしでも救いとなれば、と。

いま逃げるわけにはいかない。ただ、気分転換は必要なので、芝刈りをして、饅頭を買いに行って、たまにはもつ鍋(お取り寄せ)でも、と。基本的には私はここにいます。