昔、(高校生ごろ)はまって読んでいたのが、汚れた英雄(大藪春彦)であった。その中の一つの情景に、確か横浜の薄汚れた?中華料理屋さんで食事をする場面があったような気がする。実際にかかれていたかどうか、今となっては自信がない。しかし、主人公が車で横浜の中華街にいく、というのは私の中に刻み込まれた。

この場合の中華料理さんは、私の中で勝手にイメージが膨らんで、薄汚れた謎の中国系の人が、料理を提供する、と様なイメージとなった。で、いつの日かそんな中華料理屋さんに行きたい、と願って横浜の中華街にいってみたが、当然ながらそのイメージ合うようなお店はないわけで・・・。

横浜の中華街に詳しい人といつか出会うことができたら、そうしたお店に連れていってほしいな、と思っている。そういえば、”汚れた英雄”どこにおいていたかな?たぶん何回も読み直したような気がするが・・・。久しぶりに読みたくなったな、と

DSCN2587 (640x480)

先日とある場所に行った。で、この鉄橋をみて、ふと思いだしたのが、青春の門であった。信介しゃん、の世界である。青春の門も何回読んだことやら。川とそれにかかる橋。この場合の橋は交通量の少ない橋がいい。その点でこの橋は、JRが1時間に1本くらいとか。

DSCN2584 (640x479)

下流はこの風景である。この風景も、数年後、あるいは数十年後には変化することになることであろう。いましばらく、この田園風景と。川遊びによさそうな、川でもある。でも、やはり個人的には、海岸線の砂浜のほうがやはりいいな、と。