以前福岡で5年ほど過ごした。実際に住んでみて、福岡の居心地の良さを痛感し、長居をするつもりであったのだが・・・・。それまで、水炊きやもつ鍋はあまり好物ではなかった。しかし福岡で、いろいろな機会があり、結果として福岡を離れるころには、もつ鍋水炊きが好物となった。

DSCN3640 (640x467)

開業以来に、あまり県外に出ることはあまりなくなった。当然、福岡にもつ鍋や水炊きを食べにいくことができるはずもなく、残念と思っていたら、熊本に博多風もつ鍋のお店ができた(大山)。で、しばらくはそこに通っていた。

月日が流れ、私の膝の問題が出てきた。どうも床や畳に座って膝を曲げるとその翌日には膝が痛くなる。ということで、畳に座るお店には行けなくなった。と同時に、お産の数が多くなってくると、だんだん街中に出る機会も減った。

で、大山の通販サイトからもつ鍋を取り寄せるようになった。私の場合、もつ鍋の必須品は、キャベツ、ゴボウ、豆腐、ニラ、モツ、スープという組み合わせになる。唐辛子は苦手なので使わない。ちなみに、もつ鍋の主役はキャベツも含めた野菜が主役であると個人的には思っている。だからもつ鍋というと、野菜を食べるということとなる。ニンニクもスープのみで使用し、追加しない(ニンニクは嫌いではないが、あまり使うと翌日の診療に響く)。

問題は、もつ鍋をしたら部屋に臭いがこもることである。私の部屋はクリニックの4階であるが、時にその匂い(臭い)が流れだし、階段周囲に漂う。そうなるとスタッフや患者様に院長が何を食べたかすぐわかってしまうのである。