ここ数日雨が続くと予想されている。そうなればなったで、また別な問題は生じるが、この雨が降るまでに植えたものは、この雨を経て生き残れば、きっとこの夏は頑張ってくれるであろうと、期待している。

DSCN5106 (640x443)

フェンス沿いのソンブレイユ。四季咲きである。5月に咲いて、そしていったん終了したとおもっていたら、6月の中旬からまた咲き始めた。たぶん6月いっぱいでまた終了であるけれども、その次はいつ、と思わないでもない。

多重のバラなので、花がらが下に落ちると、結構面倒である。本来なら花がらを摘むべきであるが、この花がらの中に結構虫が潜んでいるので、今しばらく寝床を提供。そう思っているうちに、花びらが散り始めるのである。

この花ビラを集めて、乾燥させたら、とふと思わないでもない。梅雨が明けたら、やってみるか、と。

このソンブレイユが、いつの日か、フェンス沿いに咲き誇る日が来ることをねがっている。とはいえ、そのころには、構想では白と赤の混じるフェンスと思っているが、まだ赤は寂しい。1本苗が枯れつつあるので、新苗に期待することとする。

またもう1本の白も少し元気がない。なかなか思い通りにはいかない。