クリニックのフェンス沿いに、白と赤のバラを交互に繁らせ、いつの日か赤と白の混じる状態に、というのが構想であった。そのためいくつかのバラを植えて、と。しかしそこが素人の悲しいところ、なかなか構想通りにはいかない。おまけに、今年は台風で葉っぱが落とされ、枝が折れ、そしてこの夏場のひでりである。

DSCN5734 (640x480)

それでも、このソンブレイユは、なかなか元気である。四季咲きで、春から時折途切れながらも夏場も咲いている。

DSCN5735 (640x525)

こちらが白の相方の赤である。今年植えたばかりで、まだ実際の赤にはお目にかかっていない。枯れないように気を使っているが・・・。

DSCN5733 (640x480)

一方こちらの赤は、もうだめかもしれない。虫にやられてしまった。

なんでもそうであるが、構想通りにはいかない。予想外の何かが生じる。その都度、状況に応じて修正すること、そしてなによりも地道な努力なのかもしれない。しかし、これでは、構想のフェンスになるのはいつの日になるやら。

でも、なんでも一緒かもしれない。私の人生も、クリニックも、診療も、と。となれば、やはりあきらめずに、構想をもって、コツコツと。それが私のボケ防止にもつながるであろう。