8月26日土曜の午後、帝王切開も終わり、さしあたり必要な雑事もすませた。外来は黒田先生で、分娩待機者もいない。早速ビデオ屋さんにいって、DVDを借りて、それからイオンに行く。しかし、肝心のオレンジジュースがなかった。クリーニング屋さんにいって、預かり物を受け取って、帰宅。午後5時。

外来は黒田先生に任せて大丈夫らしい。ということで、私のハッピーアワーの始まりである。

まず、厨房に行って、大根と卵を3個調達する。大根おろしを用意する。辛い大根おろしだといいのであるが・・。次に最近いただいた釜揚げ後に凍らせたシラスを用意して、一部は熱湯で解凍。一部は、フラインパンでから入りして、それから鰹節をかけて、あとはしょう油をかけるだけ。

DSCN5753 (640x480)

次にシラス入りのオムレツをつくる。最近オムレツを作っていなかったので、要領を忘れてしまった。崩れたけれど、ま、それはそれで、と。

最後にロザリオビアンコを冷蔵庫から出して、ワインとワインジュースを添える。これで完了。あとはDVDを見ながら、と。ささやかな私の楽しみである。

DSCN5751 (640x466)

残念ながら、ブドウジュースは、これがたる詰めされてワインになるのかもしれないが、私の好みではなかった。シャルドネと書かれたワインは、それなりに美味しかった。やはり、葡萄はロザリオビアンコにかぎる。この皮の甘さとプッツンした噛み応え、と。意外とワインとあっていた。

大根おろしは辛くて、そしてそこにシラスと鰹節で、私好みであった。ということで、土曜の夜は満足であった。お産でその後朝まで呼ばれることもなかった。