帝王切開において、私は横に切ることが多い。下腹部横切開ということである。施設によっては縦切開であり、その場合、下腹部正中縦切開となる。

横切開は、下着の内側に収まることが多いので、パンティラインと呼ばれることもあるかもしれない。慣れれば縦に切るのも、横に切るのも、どってことはないが、慣れないと横に切るのは難しい。以前は私は横に切ったことがなかったので、すべて縦切開であった。開業を意識したころから、自分で横切開を学び、他者の切開を見て学ぶ機会もあり、以来横切開を行うようになった。

横切開のメリットは皮膚の流れに沿っているので、傷が盛り上がりにくいし、目立ちにくい、といわれている。実際に人間が座った時に、下腹にできる皮膚が曲がって皺ができる部分をめどに切開をすることになる。皺の部分なので、張力がかかりにくく、ケロイドになりにくい、とされている。とはいえ、体質によって、ケロイドになりやすい人はいるし、また縫合後の修復の状態によってはやはりケロイドとなる人もいることも事実である。

一方縦切開は、どうしても縫合後に傷が左右に引っ張らられるため、ケロイドになりやすいし、また縫合不全もきたしやすい。時折、以前に帝王切開した、という人のおなかを見せてもらうことがあるのであるが、下腹部に長さ5-10cm、幅10-20mmの分厚いケロイドを確認させてもらうことがある。(これは今回の帝王切開のためにみせてもらうのである)できれば、そのケロイドをきれいに取り除いてあげたいが、結果としてまたケロイドになることも多い。これは建ての傷の宿命であろう。

とはいえ、縦の傷であっても、ケロイドにならず、目立たない人もいることも事実である。こればっかりは、その人の体質、縫合した人の技量の問題、術後の感染の有無などの複合的な要因によるものであろう。

DSCN6338 (640x480)

個人的には、横の傷のほうが回復も早いと思っているので、基本は横の切開をお勧めしている。私が縦の切開をするのは、以前の帝王切開が縦の切開である場合と、本当の緊急帝王切開の場合のみである。少し時間に余裕があるのであれば、数分程度しか変わらないので、横切開をすすめている。

さて、まず皮膚を横に切って、脂肪層も横に切る。そして筋膜にたどり着く。私の場合、この筋膜も横に切るけれど、施設によってはここで筋膜から脂肪層をヘソ下から恥骨上まで剥離して、筋膜を縦に切ることもある。以前私もそうしたこともある。

こうすると、あとの行程は縦に切っている場合と変わらないのである。しかし、これをすると、時たま脂肪層が均一にはがせないと後々に面倒なことが生じることがある。(血腫やお腹の不均一性)

なので、私は筋膜は横に切る。しかし横に切ると、その次の行程である筋膜と腹膜の剥離が次第に複雑になるの。1回目はいいけれど、2回目の帝王切開時にそこが瘢痕化して少し大変になり、3回目の帝王切開だとさらに大変なことになることが多い。なので、現在横に切る帝王切開は3回までにしてほしい、と妊婦様にお願いしている。

縦の傷はその点は楽である。皮膚の問題さえなければ、縦の傷のほうが皮膚下の問題で悩まされることはない。でも、術後に縦の傷が治りが悪く、外来に数日通院してもらうといのも微妙なところである。ただし、横の傷でも時に治りが悪く、外来に通ってもらう場合もあるのは事実である。(頻度は圧倒的に横の傷のほうが治りがいい)

縦の傷であっても、横の傷であっても、開腹するまでにいくつかの注意点を守れば何ら支障はない。ただいくつかの点を怠ると、児が大きい場合に少し大変なこととなる。十分な傷の長さ、皮下の緊張のある部分の十分な展開が守れないと、少し困る。これは常に心掛けている。

さて、お腹の中に達してからの話は、次回としよう。


DSCN6334 (640x480)

さて、写真は院長の好物”あんこ”である。友人から虎屋のアンペーストとフランスパンとバターをいただいた。これはつまり、こうやって食べてもいいよ、ということであり、またパン屋さんで購入することも可能なハイカロリー餡バターを自宅でお手軽に作れるということでもある。

パンのサクサクと、口の中で溶けるバターと、それと混ざった餡子の味と、最高であるけれども、カロリーは高い。でもとまらない、という禁断のパンである。友人に感謝、