実は裏庭の作業は、11月中に終わるはずであった。しかし予想以上に長くかかった。

きっかけは、夏場に繁る裏庭の雑草取りである。なんでこんなに雑草が増えるのかと、雑草取りをするたびに思っていた。芝であれば、芝刈り機であり上げて、目立った雑草を抜けばいい。しかし、この裏庭は構造上芝刈り機は不可で、そこでアンダーカバーの芝桜を重点的に茂らせて、雑草が生えないようにという構想であった。

しかし、ここ数年夏場の雑草に悩まされていた。

そこで一念発起して、この裏庭の芝桜の下にある、各種雑草の根っこを取り除こうと考えたのが浅はかであった。はるかに作業に時間がかかった。

DSCN6795 (640x480)

これはその対象の裏庭を私の部屋から眺めた写真である。霜がありて白くなっているけれど、扇形の部分の外側が今回雑草の根っこを抜いた部分。黒い部分は、土が足りなくなって、土を補充し、その周りにビオラを植えた。緑の草が少しある部分がアスパラガスの部分で、この部分約1/6くらいが手つかずで残った。

ちなみに、この扇形の枠の上の部分のアスファルトの部分にある小さなまとまりが、抜いた雑草の根っこの一部である。予想以上に雑草の根っこは深かったし、多かった。

そしてこれだけやっても、また来年には雑草が茂ることであろうけれども・・・。

さしあたりこちらは春までお休み。あとはバラの選定をして、それから芝のお手入れでも使用かな、と思っているこの大晦日である。