託麻公民館で、この様な掲示を以前見かけた。

DSCN7250 (640x514)

どうしようかな、と迷っていたが、思い切って参加してみた。

4回講座で、月に1回11月から毎月あっていたようで、2月の最終回にようやく参加できた。

講座の内容は、残念ながら、私には少し難しい真言宗の講義の初心者向けのようなものであった。たぶん1回目が、88ヶ所めぐりの経緯を述べるものであったであろうだけに、残念であった。

しかし、参加することで、他の参加者との会話の機会があった。で、その結果私なりに88ヶ所めぐりに関する知識が深まった。

4月7日に年1回の全88ヶ所めぐりがあるらしく、参加をと呼びかけられのであるが、その日は土曜日で、たぶん診療もあるし、帝王切開も予定していたような気がするのでお断りした。

ちなみに、88ヶ所ちゅう、2か所は失われた場所であるらしい。最近1か所はわかった、と。あと1か所を探索中と。そしてこの88ヶ所めぐりを周知している方々は、どうもその88ヶ所のめぐりに何らかの関係のある人のようであった。