無か、レッドという映画で、最初にブルースウィリスが年金会社の女性との会話の種につかっていたという設定があった。で、私も挑戦してみた。厨房で使ったアボガドの種をもらって、少し割って、爪楊枝で刺して、器につるして、と。実際に芽は出たけれど、そこから単調であったこともあり、途中で露地植えした。で、冬が来て枯れた。


先日農業公園に行った際に、フルーツの展示室があった。あまりお手入れされているとはいいがたいが、そこにバナナやドラゴンフルーツの木があった。そのなかに、アボガドが混じっていた。

DSCN7955 (640x452)

アボガドがフルーツか、という話はさておいて、これくらい幹が大きくならないと実がならない、ということかと。おまけに温室でないと、枯れてしまう。

クリニックの2階の吹き抜け部分に、数年前からオリーブを植えているけれど、鉢植えのせいか、そう大きくはない。そしてまだ一向に花も咲かない。このオリーブみたいなものかもしれないけれど、ある程度繁れば、観葉植物としていいかも、とも思う。

ということで、またやってみるか、と。