実は私は早飯食いである。いつもほおばって、大口で、よく噛まずに流し込む、というスタイルである。これはどうも変わらない。酒を飲むときには、酒に手が伸びるので、その分食べるスピードが落ちるけれど、早飯食いである。

よく噛んで、味わって食べるべきである、とわかっているのであるが・・・。たぶんこの食習慣は、中学校高校の寮生活にある。成長期の食べ盛りのころにたくさん食べるためには、他人様より早く食堂に行って、さっさと食べて、御代わりをして、とそれを繰り返していた。その6年が身についてしまった。

今はできるだけゆっくり食べようとしているが、気づいたら大口で流し込んでいた、という場合が少なくない。

というわけで、早飯食いである。そんな私であるが、私よりさらに早飯食いの人に一人だけあったことがある。その人は、私が言うのもなんであるが、早かった。酒も飲まないから、ひたすら食べる。だから早いのであるが・・・。

たしか早飯食いは、肥満にもなると聞いたような気がする。ということは、私より早いその人は、と思うけれど。その人は以前と変わらぬ体型を保っているので、きちんとトレーニングをしているのであろう、と思う。

DSCN8193 (640x479)

大体食べることの嫌いな人はいないと思う。甘いものが嫌いな人も少ないであろう。

私の場合、基本的に好きなのであるが、あると食べるし、そして太ってしまう、という悪循環なので、現在はそうした甘いものは、身の回りにおかないようにしている。また蜂楽饅頭とか、羊羹とか、アイスクリームとか大好きだであり、時折差し入れとしていただくわけであるが、これもまた手元にあるととんでもないことになるので、できるだけ受け取らないか、ふたを開ける前にさっさとスタッフに渡すようにしている(ふたを開けると、思わず手が伸びてしまう)。

問題は、酒を飲んだ場合である。酒を飲んで抑制が外れると、過食になる。昔なら、酒飲んだ後の〆でラーメン・うどんであった。いまは〆は甘いものをさがして部屋の中をうろうろしてしまう。困ったものであるが、これもまた私であり、週1の酒飲みは今や私の数少ない娯楽(夕食の用意から酒飲みまで)なので、今しばらくはやめられないことである。

DSCN8190 (640x467)

これは院内にある、樹木。花が咲いていて、もう少ししたら実がなるような気がする。なんであったかな、と。

あとほかに変わらいのが、音楽と本である。若干好みの系統はかわったけれど、今も昔聞いていた音楽の延長上である。そして時たま無性に本が読みたくなる。この場合の本は、結構昔の小説を読み返していて、相変わらずのジェフリーディーバと浅田次郎を中心とした世界である。こちらは大体この10年くらいの傾向であるけれど・・・

さて、今日は天気がいいので、バラと芝の手入れかな、と。