当院にはサーバーが6台あります。電子カルテ用に2台、ウエブ用に2台、映像表示用に1台、分娩監視装置用に1台。サーバーがあるからこそ、複数のパソコンで作動が確認されるし、映像表示やネット予約などにたいおうできます。

DSCN9115 (640x480)

しかし、それを当院におくということは、万が一トラブった場合には、当院で対応しなければならないということになります。一方、そうしたサーバーをおかずに、クラウドという方法もあります。どちらも一長一短であると、おもっています。

万が一電話回線がつながらない場合のことを考慮し、当院では現場採用のサーバとしています。しかし、そのため場所をとり、サーバー用の部屋はいつも冷房を利かせないといけないし、定期的に埃取りも必要ですし、手間暇かかることも事実で、となるとやはりクラウドかなとも思わないでもなり。

さて、8月21日夜、ウエブ用のサーバーが自動停止の状態となりました。となると、ウエブでの予約が不可能な状態となります。気づいたのが、8月22日の午後。慌てて、業者に連絡して、対応を依頼しました。結果は、サーバー内にあるHDの作動不良で、HDの交換で修理完了となりました。そのため8月22日午後6時から予約可能となりました。ご迷惑をおかけいたしました。

DSCN9116 (640x480)

これが問題のサーバーです。ちなみに横にあるのは、APC電源と別なサーバー。

さて来年か再来年には、PCNおウィンドウズ7が使えなくなります。こうした問題、そしてサーバーの補修と点検、。そして補修の必要な物はこれだけではないし…。頭の痛い問題が目白押し。

DSCN9114 (640x452)



これはロザリオビアンコという私の大好きな葡萄。これが夏の一番楽しみです。しかし、今年は昨年より出荷が遅く8月20日からと聞いていた。で、8月22日水曜日。午後に帝王切開もなく、お産も無事生まれたので、益城の山中へ向かう。

DSCN9107 (640x480)

この奥にあるのが、その選定場兼買い付けの場所。早速行って、かぶりついてしまった。

実は、この数日前に益城のふるさと市場で、福岡産のロザリオビアンコを見かけたので購入した。しかし、甘さも、食感も大きく違った。

DSCN9114 (640x452)

このロザリオのいいところは、甘さもいいけれど、この皮の触感がいい。そして、見れば気づくことであるけれど、粒がそろっている。

今回待ち時間の間に話を伺っていた。ハウス栽培であること、わき目の小さな粒を摘果していること、糖度計で甘さが上がるころに出荷していること、などなど。残念なことに、今年から値上げで、1kg2000円となったけれど(福岡産の4倍のお値段であるけど)、でも、やはり十分に美味しい。

この時期の恵みである。山本葡萄園 http://www.yamamotobudou.com/ 、ご興味のある方は、益城の山中へ。たくさんほしい時には、前もっての電話が必要です。