いつのまにやら、事態は予想もしない方向へ、というのはよくある話である。

IMG_0012 (1280x885)

クリニック設立時には、それなりに張り切っているし、正直言うと時間が余っていたので(お越しになる方も少なく、お産もない状況)、その間はHPにしても、クリニックのお手入れにしても、十分すぎるくらい時間があった。そして私もまだ40台であった。

しかし、開業して10年がすぎ、そこそこにぎわうようになり、私も50代後半となった。確かに、最近は園芸が趣味になりつつあるが、園芸の範囲も広がっていったので、なかなか追いつかない。そしてそこには通常の診療と、毎月の恒例行事(月末のレセプト業務、各種施設への報告事項、そのた)で終われて、やれる範囲でしかやれない、というのが実情である。

で、今回そう思うのがHPの改定作業である。当時はそれなりに考えていたつもりであるし、今見ても、十分に使えると思う。でも、やはり実情にあっていないような気がするし、そして実は一貫性がない。継ぎ足し、継ぎ足しという感じであることに改めて気づく。となると、最初からやり直すのが筋であるけれど・・

業者丸抱えで依頼する、という方法もないわけではないが、そうすると、やはり私自身の思いが表現できないようなきがして、せめて文章くらいは自分でつくりたい、と。

ということで、今少しづつHPの改定作業を行っている。見れば見るほど気づくもので、あこれは、とおもわないdもない。でもアクセスマップに香味彩やリンガーハットの場所は乗せられない。こうした微妙な変化は誰かが親身になってみないと、気がつかない。

なんとかこの週末までに上げたいものであるが・・・(週末にはレセプト業務も始まる)。どうなることやら・・・

IMG_0002 (1280x960)


さて、そのHPに乗せる暫定版の食事メニューである。正式にカメラマンに依頼するのは、もう少し先なので、当面は私の写真ということになる。

1枚目は、当院の朝食(月曜日の洋食)である。パン(院長用なので半分しかない;院長は糖質制限中)、サラダ、ブロッコリーとクルミの和え物、キウイの冷製スープ、目玉焼きとベーコン、オレンジジュース、ヨーグルト、である。

2枚目は昼食。バターチキンカレー、鯖のムニエル、エビのフラン、キウイとトマトのサラダ、人参とショウガのスープ、豆乳のパンナコッタである。(これはご飯は普通盛)

IMG_0004 (1280x959)

これは夕食。赤阪、のっぺじる、鰆の菜の花焼、卵焼き、焼きなす、つくね団子、インゲンの胡麻和え、フルーツ、となっています。これはご飯は少なめ。

以前はご飯の代わり自由としていましたが、お代わりをする人が少なくなったので、最近はご飯は一膳分しかないことが多い。先日赤飯のお代わり、といわれて、私の分を提供しました。

当院のパンは、朝は基本的にロジパンのパンです。昼食夕食は、お取り寄せのパンの元を当院で発酵させて焼いています。