今、8月31日早朝。今日で8月も終わり、明日からは9月である。いろいろとやらないことに追われて、気づいたら9月となる。あれもこれもしたいけれど、現実にはできることは、我が身一つではそうもいかない。できるところから、ためないようにとおもっても、やはり溜まってしまう。ま、仕方ないことでもある。

そうした中で、自分自身の生活が単調になるのを避けるために(仕事に追われて)、できれば自分なりに季節ごとの変化を感じたいと思っている。それを如実に感じられるのが、やはり庭仕事ではある。

DSCN9173 (1280x960)


先日知人と話している際に、良く焼けていますね、ゴルフ焼けですか、と。私の日焼けの原因は草取り・芝刈りなので、芝刈りが原因です、と素直にお答えした。ゴルフなんて、とんとご無沙汰だし、また私自身その才能にかけているので、たぶんもうすることはない、と思っている。

でも、早朝のゴルフ場で歩くというのは魅力的な行為であることは事実である。芝の上を歩く機会はなかなかない。いつの日か再度ゴルフクラブを握る機会もあるかもしれないが、それは私がこの地を離れるときであろう。

DSCN9138 (1280x960)

今年の8月は雨が少なくて、各地で大変であると聞く。クリニックでも、散水機をついに設置した。そして、私自身も、今年植えたバラが枯れては大変と、朝に30分ほど散水に時間を費やしている。夏は基本的に暑く、そして、青い空に入道雲がないと始まらないけれど、でももう9月である。

とはいえ、熊本の9月はやはり夏の延長なので、藤崎宮の例大祭のころまではまだ暑い。ということは、私の散水ももうしばらく続くこととなる。30分とはいえ、散水していると汗びっしょりとなる。

IMG_0757 (960x1280)

現在の気がかりは、HPの改定作業と、秋の大改修工事である。HPの改定作業は、私自身の校正がすすまないことにはできないけれど、なかなか面倒なので、そう簡単にはすすまない。

また空調工事の必要性はりかいしているけれど、どうせ工事をするなら、いくつかの懸案事項をかいけつしなければ意味がない。しかしその懸案事項を解決するとなると、次第に工事が大きくなり、額も大きくなる。頭の痛いことであるけれど、冬場に壊れて動かなくなるくらいなら、今のうちにということである。

十分に調査をして、バリエーションを考え、そして適切な時期に、適切な場所から工事に取り掛かりたい。そのため10月から11月にかけて、クリニックは空調工事真っ盛りとなります。みなさまにご迷惑をおかけしたくないけれど、多少のご迷惑とデザイン上の問題(工事の音、匂い、内部構造の露出)が生じるかもしれません。

DSCN9174 (1280x923)

等と書いていたら、今窓の外から雨音が。やった今日は散水から解放される。どっと降ってほしいものである。

写真は先日の土曜日。空と雲と、そしてHPの確認のために周囲の施設の確認に自転車で移動した際に撮影しました。残念ながらその際に愛用のP900が壁に接触し、望遠レンズのモーター作動不良となり、修理行となりました。