平成という言葉をつかうのも、あと5か月ほどであるけれど、平成31年元旦、明けましておめでとうございます。今年は、年末より好天が続き、新年も初日の出が拝めそうな気はしているけれど、と書きながら東の空をみるけれど、まだ暗い(現在6時0分)。

DSCN0774 (1280x945)

昨年も大過なく過ごすことができました。今年も大過なく過ごせますように、と。そのために必要な対策も抜かりなく、と思っているけれど、今の世の中、少しづつ面倒なことが増えているようで、懸案事項は少し憂鬱である。

精度管理、医療機能情報報告、医療従事者届、レセプト業務、請求書の整理、PCの埃取りと月末・年末の業務が年末年始の期間の私の大仕事である。

12月30日、クリニックは休診日。12月30日は車の掃除に終わる。12月31日いよいよ懸案事項に手を染める。中でも最も憂鬱なのが、院内のPC16台の埃取りである。PCにつらなっているケーブルを外して、外蓋をはずして、ファンの周囲の埃をとって、また接続して、の繰り返しである。床に座って、ほこりにまみれること4時間、ようやく終了した。その結果、ノートPC1台の不安定作動とマウスの接続不良を確認した。

そういえば、今年の秋にはPCを更新しなくてはならない。これはお金もかかるし、時間もかかるし、憂鬱なことである。でも、ノートPCが5年の使用で不安定となるのであれば、おいおいほかのPCも同様のことが生じるであろうから、仕方ないかな、と。

さて、そして今日は元旦。いまのところお産で入院の報告はないので、今日は初詣にいけるかな、と。

写真は、12月の好天時の写真。私の最も大好きな構図である。青い空と白のクリニックの壁。

本年も皆様よろしくお願い申し上げます。