2018年大晦日から2019年の正月まで、今年は無難に過ごせました。お産も4名ほどうまれましたが、帝王切開もなく、私も初詣にも、実家の挨拶にも無事済ませることができました。


1月3日は朝から、好天。レセプトも済んだ。さて、と、どうしようか。バラのお手入れもいいけれど、気がかりなことがあったので、大学病院にお見舞いに行く。とある患者様を11月に緊急搬送のであるけれど、まだ入院されている、との話で・・・。患者様は元気で、いよいよ今後が正念場とか。無事出産を願うばかりである。

DSCN0982 (1280x950)

大学病院の駐車場を出ると、空は青く、天気もいい。なので、オープンにして走る。さてどうしよう、と。そこで、年末に再オープンした熊本市動植物園にいってみた。子供お付き合い以来だから、20年ぶりくらいであろうか。子供連れが多く、お目当ての動物の前は人だかりである。

ただし、私のお目当ては、そうした場所とは異なるので・・・。バラを見て、サボテンを見て、ランを見て、と。そういえば、とある映画で、シンガポールの植物園のシーンがあったような(ジェイソンボーン?)。残念ながら、熊本市動植物園は、ようやく地震の被害から復旧して12月末に再オープンの状態なので、まだ復興途上の場所もあるし、臨時の野菜園(動物の給食用?)も目についた。

DSCN0999 (1280x960)


と同時に、動物を見ると、ケージに制限されている状況に我が身を重ねる。この様な制限された環境では、と思わないでもない。人間側からすれば、短時間に多様な動物を見ることができることはすごいことなのかもしれないけれど・・・・。

DSCN1023 (1280x960)


いつの日にか、シンガポールの動物園と植物園にいってみたいものである、と思いながら帰途につく。

さて、夕方に地震があった。テレビでの速報では熊本市内は震度4-5と。クリニックには大きな被害はなかった。JRと高速が閉鎖され、Uターンの方々が大変であったと聞く。その後地震の続報もなかったようで、このまま何もないことを、そして足止めを食らった方々が無事に目的地に到着されることを願っています。

ぶじおみ