全開の話に続く話題である。

睡眠と食欲は、私自身の健康の指標であると思っている。体が疲れたな、と思うとやはり眠い。なのでちょっとでも昼寝をして(この場合の昼寝は30分以内であって、寝すぎてはいけないとされている)、頭をすっきりさせてと心がけている。

診療の終わりがけに腹減ったな、と感じれば、きちんと仕事ができたということであると思っているし、時にフィールドワーク(単に園芸もどきであるが)や自転車や走った後に、腹減ったな、と感じて、そしてご飯を食べれば、基本的に何を食べてもおいしい、と思う。

DSCN1081 (1280x959)


私の場合、そこに週末の楽しみとして、お酒があればなおうれしい。そうした週末の料理やお酒は、正直言うと、高額な物ではどうも私の肌に合わないようで、講演会やパーティーなどの食事ではどうも中途半端でかえって満足感がない。自分のペースで気兼ねなく、食べて飲んで、そして可能であれば気の合う友人と会話ができれば、大満足である。もともと小心者だから、料理の金額やお酒の値段を見てしまうと、これがいくらかなと考えてしまうような調子で、よくない。

なので、今一番楽しいのは、まずその前に、十分に仕事なり運動をして、充足感のある状態で、食事に向かい、自分の予算内でお酒をのんで食べること、であろうか。

DSCN1077 (1280x959)

さて、そうした私の状態を患者様に求めているわけではないけれど、でもやはりと思うところがある。

基本的に、お産は大仕事なので、やはり当事者も、その付き添いの人も、できるだけ、食べて、寝て、そして最後の大勝負に臨んでほしいと願っている。なんてたって、頭が出てくるときが一番痛いのであるから、その最後の大勝負までに体力を使い果たす、あるいは気力を使いはたす、これでは困るのである。

なので、可能であれば、それまでの体力の温存と。と同時にあんまり早くから、気負って緊張しても、先が長いので、お産が早くすすむ場合は別として、時間がかかる場合には、それなりの対応をしてほしいな、と願っている。

とはいえ、そうした思いは、やはり初めてのお産の人はなかなか理解しがたい面もある。こんなに痛いのだから、と外来にお越しになっても、まだ外子宮口は開いていません、といわれて帰るときっとがっかりされると思うけれど、でもまだまだなのである。

まだまだは、まだまだであって、その”まだまだ”から、”いよいよです”の間を如何に過ごすか、これがお産の体力温存の秘訣ではなかろうか、と思っている。なので、お産に関しては、出来るなら鈍感なほうが望ましい。これが陣痛とは思わなかった、来てみたら入り口が8-9cm開いていた、というほうが・・・。

人によってその痛みの感じ方は様々に異なるけれど、でもお産が済まない限りその痛みから解放されることはない、と分かっていても、そうはいかないし、あとで振り返ってみればその思いは理解できるかもしれないが、目の前でてんぱっていたり、痛いと叫んでいる方にはなかなか理解はいただけない。

でもだからこそ、お産に当たっては、大仕事なのであるから、十分な睡眠と体力の温存を心がけてほしいし、だからこそ食事と水分も十分に補給してほしい。疲れ切ったからだと頭では何もできないのである。(そうしたときに、無痛分娩が手助けになるのであれば、利用すればいい、というのが私の考えである)

DSCN1057 (1280x956)

また、これは出産後に退院したかでも同じことである。退院して、育児が始まる。慣れない世界である。うまくおっぱいが出ればいいけれど、中にはおっぱいで悪戦苦闘する場合もある。母乳育児が有効であると、あちこちと耳にして、プレッシャーがかかり、がんじがらめんとなり、どこそこの母乳外来にかかり、自宅では搾乳して、と。

確かに努力をしないと身につかないのも事実であるけれど、おっぱいの出方や赤ちゃん個性もあることであろう。まして、産後1か月以内で、まだ実家にいて、強力な援護体制であればいいけれど、産後から自宅で夫と二人で臨む、とか、ご主人の実家で同居である、とかの環境だと、そこにさまざまな環境的な要因も絡む。

新生児が誕生することで、人間関係にも新たな面が出現するし、ジジババのの援護・助っ人・口出し・ちょっかいと様々な思惑が交錯する。その結果として、食欲もない、元気もない、眠れない、おっぱいも出ない、となりかねない。というか産後1か月健診時にそうした方に多いすることも少なくない。

現在、そうした方への支援も以前に比べればはるかに手厚くなっているし、妊娠中あるいは妊娠前から産後までそうした体制への支援も行政も含めて対応が始まっている。でもそれでもやはり時に何かが生じるわけである。

当院でできることには限りがあるけれど、時に1泊2日コース、あるいは2泊3日コースで、退院された産後の方が赤ちゃんと一緒にお泊りをされることがあります。その間、お母様は寝て食べて、と。赤ちゃんはナースステーションでお預かりと。十分に寝て食べると少し元気が出ます。お帰りの際には、今後の対応についてできれば家族とよく相談していただいて、と。必要であれば様々助っ人を頼んだり、場合によっては人工乳を検討したり、と。

やはり、食って寝て、今日も元気と感じてほしいな、と願っています。そのために必要な物で、当院で提供できるものであれば、どうぞお使い下さい。

DSCN1072 (1280x949)

写真は、上段は当院の屋外の白梅。まだ数輪しか咲いていません。一方、下段の2枚は盆栽の白梅。待合室においておいたら、1週間で咲き散ってしまいました。もう少し寒いところにおいておけば、もう少し楽しめたのに、と後悔。