ウィメンズクリニック グリーンヒルの食堂で、朝食事をすると、もれなく院長の写真撮影がついてきます。いつのころからそうするようになったが覚えていないが、手元の写真の日付を見ると、どうも2008年7月ごろからのような・・・。

開院以来、分娩時、沐浴時、退院時などの写真を撮影し、それを1か月健診時にお渡ししていた。また、私は開院以来、朝食の時には食堂に現れて、食堂で食事をしていたので、その際に患者さまいらっしゃると一緒に食事をしていた。

DSCN1432 (1280x945)


開院時はそう忙しくないこともあり、あれこれいろいろとしていて、その際に始めたのが各種写真撮影である。そして朝食時の患者様の写真撮影をするようになったのか、と。産後のようやくひと段落、あるいは連日の悪戦苦闘(授乳)の後の朝食タイムに、院長が現れて、有無を言わせずスッピンの写真を撮るわけで・・・・。ま、乱暴な話である。


とはいえ、私も患者様と朝食を一緒にとるための、最初の話題造りのためのきっかけというこれは枕のようなものでもある。写真撮影で、皆様の緊張を少しでもほぐせれば、と。それから院長の漫談が始まるわけで、お付き合いいただき申し訳ない。でも少しでも皆様の産後の生活に役立てば、そうした話題を心がけている。

基本的な話題は、新生児の黄疸、ビタミンK2シロップ、産後の抜糸、そしてクリニックの設備の話、という4本立てになっている。大体の方は、産後4-5日目に退院するので、4本話が終われば、退院と。時に一回りしてしまう場合には、オプションの話をすることもあるけれど、基本は4本立てである。

さすがに同じ話を延々とすることは、話をする側としても面白くないので、それなりにアップデートをして、時代に沿った形で話をしているつもりである。とはいえ、10年近く続ければ、それなりに話の落ちも用意して、と。

DSCN1384 (1280x961)


院長の独りごとのようなもので、お付き合いいただく方々には申し訳ない。気に入らなければ、もう食堂では朝食は取らない、という方もいらっしゃるかもしれない。その場合には申し訳ないな、とおもいつつ、今日も続けている。ただ、こうした話が皆様の不安の解消と、そして食堂での患者様同士の会話の促進につながれば、と願っている。

ちなみに、ここで撮った写真にしても、分娩時、沐浴時の写真にしても、部外に出ることはありません。目にするのは、患者様自身と、写真整理のために閲覧するスタッフのみとなります。

DSCN1382 (1280x1032)

写真は院内のお雛さまです。当院には飾り段のお雛様はないので・・・。ちなみに食堂には、この人形と掛け軸と掛け布の3点セットとなります。

DSCN1290 (1280x955)

これはもともと色紙でしたが、掛け軸にしてみました。

DSCN1292 (1280x903)