昨年から糖質制限を自覚するようになった。時に空腹感を感じることが多く、空腹を感じるときに、私自身の脂身が燃えて解糖系が作用しているわけであるから、何とか我慢して、ということで5kgくらい減った。


しかし、糖質制限をすると、どうも時に反動が表れるようで、時に甘いもの(砂糖の)がほしくなる。で、そうしたときに限って患者様から差し入れをいただき、患者様からの頂き物であるからと、自分で理由を付けて食べてしまう、という甘ったるい性格である。その結果、せっかくのダイエットの効果が・・・・


ダイエットを自覚したのは、基本的に、自分の体を健康な状態で少しでも長く生きていくために(仕事が続けられるように)という目的である。その主たる目的が、このままでは達成が難しい。ということで、再度糖質制限を自覚することとした。

DSCN1757 (1280x960)

そうしたときに、またいただいたくり饅頭(北九州 湖月堂)。困った。1個だけいただいて、あとは友人にお渡しした。

物をいただくということは、相手の感謝の気持ちの表れであり、その気持ちをありがたくこちらもいただく、ということはお互いの信頼関係の構築のために大切なものであると思う。

また食べ物は、最後まできちんと残さず食べる、というのも食べ物に感謝していただくということで大切なことである。なので、食べ物の中に糖質が含まれているから、それを排除するということは本来はあってはならないことである。

でも、やはり私の体調管理も大切なことである。なので、苦渋の決断というか、出来るだけ甘いものは手元におかないこととすること徹底することとした。

ということで、もし今後患者様から頂いても、その気持ちだけをいただいて、甘いものはスタッフに分けさせていただくこととさせてください(でもそうすると、今度は、スタッフに甘いものを強要することで、スタッフを太らせるということにもつながるのであるけれど・・・)。

もし院長に感謝の気持ちをということであれば、院長に謝辞を伝えていただければ、それで十分である。そして、次の機会に、またクリニックに来ました、と告げていただくことが、何よりであり、それが信頼の証である。そうした信頼を寄せていただけることが何よりである。