当院では、時に4000gを超える赤ちゃんが生まれることもあれば、2000g前後の赤ちゃんが生まれることもある。安全なお産のために、よほど小さい推定体重が予想される場合や、早産で呼吸その他の異常が予想される場合には、最初から高次医療施設を紹介する。どちらかといえばこちらのほうが予測はしやすい。

ちなみに、お腹の中にいる赤ちゃんの大きさは、それこそ昔なら、腹囲と子宮底で想像したのであろうけれど、現在の産科診療においては、超音波による胎児計測に基づき推定されることが多い。そのため、妊婦健診では腹囲や子宮底長の計測を行わない施設もそろそろ増えてきた。当院では、妊婦健診においては計測項目に従い測定しているけれど、胎児の大きさに関しては超音波による計測値で判断している。

さらに言うならば、胎児計測の基本は、頭の大きさと、腹部の大きさと、太ももの骨の長さの3つのパラメータから回帰式でもとめる、というのが大体の主流であり、あとはその回帰式をどこの回帰式を利用するか、ということにある。

DSCN1821 (1280x956)


で、問題となるのは、臨月になって、胎児が大きくなり、羊水腔がすくなくなり、胎児の十分な観察ができない場合、推定体重には誤差が生じることである。さらに、そこには人的ファクターもある。体重が予想より大きめであれば、もう一度計測をやり直して、そちらの値が予想に近ければ、そちらを採用ということで、予想される胎児の推定体重には、もともと差が生じる可能性が高い。なので、10%前後の誤差は、仕方がない、と。

でも、そうやっていても、時に予想より大きかったり、小さかったりすることもあるわけで、その結果として、時に新生児室に並ぶ赤ちゃんで、2倍近い差が生じることもあるわけである。(2000gと4000gとか)。

小さい赤ちゃんにしても、大きい赤ちゃんにしても、それなりのリスクがあり、そうしたリスクに当院で対応できれば、おかあさんのいる当院で、ということになるが、対応できない場合には赤ちゃんを生後に搬送することもある。

DSCN1813 (1280x971)

2000gの赤ちゃんであれば、1か月健診時にうまく体重が増加しても4000gになることはあまりないので、4000gに達するのは、生後2か月前後であろう。一方、4000gで生まれた赤ちゃんは、生後1か月ともなれば、5000を超えることであろうから、その差はなかなか埋まらない。

でもそれでは4000gで生まれた赤ちゃんがずっと体が大きいかというとそうでもないような気がする。在胎週数より小さく生まれた赤ちゃんのほうが将来の肥満のリスクが高いという話も聞いたような気もする。まして体型に関する因子は、もともとの親の体型が一番であろうから、身長に関しては親のの持つ因子で、そして横幅に関してはやはりその人の食習慣のような気がするが・・・。

DSCN1820 (1280x959)

ちなみに、当院での巨大児は4800gくらいであったような気がする。体の小さいに妊婦様で、つるんと産んだ。生まれてみたらとても体が大きかった(ちなみに確かその方は、妊娠末期に75g糖負荷試験もしていて、正常域であった)。幸い出産に関しても問題なく、生後の低血糖もクリアーした。

当然体が大きければ、泣き声も大きいわけで、人一ばい声が大きかったような気もするが、これは錯覚かもしれない。

もってうまれたものがあって、その差がづっと続くこともあれば、いつのまにやらなくなったり、あるいは逆転したり、と。そこには様々な因子が存在するということであろう。

DSCN1811 (1280x960)

写真は、裏庭のチューリップ。個人的にピンクが好きなので、裏庭の分はピンク一色である。とはいえ、ピンクにもさまざなピンクがあるけれど。そして最後の写真は当院で最初に咲いた桜である。