振り返ってみれば、私はきっと”嫌な奴”であっただろうと、思わないでもない。その当時は、私なりに精いっぱいやっていたけれど、今となってみれば、と。と同時に、それでは今の自分は”いい奴”か問われれば、それも自信がない。でも、どんな自分であったとしても、赤面するほどの自分であったとしても、それもまた私であり、今更隠すこともできない。


ま、これは誰でも同じことと思う。なので、過去を嘆いても仕方がないし、今更変えられるはずもないし、ならば、せめてその過去から学んで、少しでも今後を私なりにいい方向へと向けたいものである。ただし、これはあくまでも私なりのいい方向なので、他人様によれば、あいかわらず”嫌な奴”のままかもしれないが・・・・

DSCN2017 (1280x944)


さて、そうしたことで過去を振り返ってみた場合、いつの時代でも学ぶことはやはりあったな、と。残念ながら、その経験をうまくいかせず、また同じ様な失敗を繰り返したこともあるような気もするが、まそれはそれとして、そうした失敗を繰り返して、人は成長すると自分に言い聞かせて、今日の私がある。

現在の私は、産婦人科診療に日々従事し、中でも産科を中心に働いている。そのためクリニックくぎ付けの毎日で、その余暇をクリニック界隈で費やす。その中心となるのは、車、自転車、ジョギング、カメラ、園芸作業、酒、料理となる。もともと、物心ついた時から好きだったもの(カメラと自転車)もあれば、その後生活で身についたものもある(車とジョギングと酒)。と同時に、以前は見向きもしなかったものが、環境の変化で趣味となったこと(園芸と料理)もある。

そして年月の経過とともに、嗜好も変わる。酒も焼酎・ビールから、ウィスキー、そしてワインへと、車も普通乗用車から軽自動車をへて、現在のカプリオレへ。料理も、昔は食べることで肉が中心から、魚へ、そして今は素人の自作料理で野菜中心に、と。

昔の私が嫌なやつであったとしても(たぶん嫌なやつであったと思うが)、今更それを否定することはできないし、事実はかわらない。で、今も嫌な奴かもしれないし、これは変わるかもしれないけれど、きっと変わらないような気もする。

そうした私が院長を務めるウィメンズクリニック グリーンヒルである。クリニックの診療は、私だけではなくて、他の医師も勤務するし、様々なスタッフが診療の支援を行っている。私が嫌な奴でも、スタッフがカバーしてくれているから、まあいいか、などと考えている私でもある。

DSCN2018 (1280x903)

写真は、先日の好天の土曜日。空に伸びる一筋。カメラで拡大したら、JALであった。

昨日の水曜日、なかなか忙しかった。朝に入院患者の診察、麻酔器の件でメーカとの面談、両親学級での院長講話、薬剤・ミルク会社からの表敬訪問、電子カルテメーカーとの検討会、保険会社との面談、そして帝王切開、さらにそのあとに別な電子カルテメーカーとの検討会。それが終わると、今度は病棟の診察、となかなか忙しかった。なので、午後7時からゆでて、切って、乗せて盛るだけ料理を行った。

DSCN2053 (1280x919)

スナップエンドウ、ゆで卵、胡瓜、トマト、チーズ、リンゴ、オレンジを用意して、オリーブオイルとバルサミコ酢と塩と胡椒で終了。あとはいただき物のパテをきってと。本当は赤ワインといきたかったけれど、今日はオールフリー。

週末は、益城市場に野菜でも仕入れに行くか、と。