時々、種々の施設からアンケートあるいは調査用紙が届く。送る側にはそれなりの理由と事情があるように、受け取った側にもそれなりの事情がある。これらの調査に対して、スタッフにお願いすることもあるけれど、最終的には私が確認することになる。なかにはスタッフでは答えられないものあるので、私がしなくてはならない、というものもある。つまり、結果として私の仕事が増えるわけで・・・・・。

なので、できるだけこれらの調査は、必要子最小限として、お断りできるものは、お断りしている。ただ中には断れないものがある。九州厚生局・熊本県・熊本市がらみの調査である。最近では、総務省からの2019経済構造実態調査というものがあって、ようやくこれを提出した。

さてこれでひと段落と思っていたのであるが、ここにきて大物登場である。といっても今回は、補助金がらみなので、調査というより、補助金申請のために必須ということである。秋に電子カルテ更新にあたり、IT導入補助金なるものがあるらしいのでその申請に、と。

ここ数年での当院での施設・機器の更新に関する費用はそれなりの額に達しつつあるので、少し補助金をいただけるのであれば、と考えたわけであるが・・・・・・。

DSCN2877

これがもう大変なことである、と始めてみて気が付いた。当院の決算書と労務データーが必要である。さらにセキュリティアクションの宣言というものもある。やることが芋づる式に増えていく。正直言うとこりゃたまらん、と。

確かに必要なことであることは理解できる。そして熊本県内でも医療施設でこのセキュリティアクションを行っている施設が少なくはないことも事実である。ITを整備するにあたり、その肝心のIT網に、外部から出入り自由のバックドアがあれば、情報がもれしまう、と。

ネット上のセキュリティから物理的な対応までさまざまな提言がなされている。しかし、このセキュリティアクションは、本来の補助金申請とは別なところにあるのであるけれど、このセキュリティアクションをしないと申請できない、という事情から、昨日(日曜)は一日このセキュリティアクションに取り掛かり、ようやく一つ星の宣言まで行った。さしあたり必要条件はこれで満たした。二つ星のハードルは高いので、後日の課題として、本筋をすすめたい。

さてそこでまたいくつかの壁に突き当たる。そして締め切りの期限も迫る。困ったものである。まさかこんなことになるなんて・・・・・・・。

ということで、今しばらくはこれに専念せざるを得ない。締め切りは7月5日までに申請書を完成しなければならない。

DSCN2875

写真は、クリニック屋上で育てているトマトである。ちょっとプランターでは無理かなと思いつつ、いつのまにやら実がなっていた。日曜日時間に余裕があれば、こちらのお手入れをと思っていたが、本業と上記の事情でできなかった。

どうもキュウリはいまいちであった。トマトはどうかな、とあれこれ考えながら、観察を続けることになる。

DSCN2876