当院では、東日本震災後の節電が全国的叫ばれた時期に、たまたまLED電球に交換した。院内のほとんどの電球(蛍光灯・シリカ電球他)をLED電球に交換した。一部はまだ昔ながらの電球であったり、蛍光灯であったりするけれど・・・。

LEDに変えることで、電球の交換は不要となる、ほぼ半永久的に使える、なので電球自体は従来の電球に比べれば高額であっても、もとがとれる。という業者の説明であり、その説明を私も素直に信じた。しかし、その結果はというと、真っ赤なとはいわなくても、一部嘘であった。

LED電球でもやはり不点となるのである。その原因は、電球自体にあるのか、電灯の装置にあるのか、あるいはその環境にあるのか<それは定かではないが、やはり電球が切れる(不点)となることが一部存在する、という事実である。

DSCN2947

こちらは当院のパウダールームの様子である。右の電球が1個不点となり、外している。そして隣も・・・。

それで仕方がないので、交換しようとしたら、このタイプのLED電球は型が変わった、ということで同型のものがない。ということは、6個全部入れ替えなくてならない。6個で2万弱の費用となる。話が違うし、これでは電球メーカーの陰謀ではないか、と思ってしまう。

ところで、このLED電球に変えた理由を書いていなかった。当院は、福岡にある松山建築設計室に依頼して、建物の設計をお願いした。同設計室は、建物の美観と実用性にこだわる設計室であり、その結果として現在の建物の状況となった。クリニックにとって、この建物自体が大きな看板であるので、私としてはその美観の維持する様に心がけている。

そして、その建物をさらに美しく際立たせるために、照明は LIGHTING STUDIO ARAI 株式会社という会社に依頼し、きちんと計画された証明となった。なので、夜間は院外も院内もきれいに演出されていると思う。

しかし、きれいな演出のためのいくつかのこだわりが、逆に負担になることもある。きれいな演出のために、ちょっと特殊な電球が使われていた。電球なので、どこかで不点となると、そこだけ切れてかっこ悪いので、電球交換が必要となる。しかし、その電球は一般の家電屋では販売していない、特殊な電球が多かった。なので発注するのが面倒であった。

さらにそうして電球の交換もちょっと特殊であった。なので、電球の交換のためにネットで検索して、届いたた電球を脚立を持ち出して交換するのは、私の仕事であった。この作業が嫌だったので、LED電球に交換した、といのが正直なところで、その入替工事が結果として東日本震災後の時期に重なっただけのことであった。

で、その時に、LED電球に交換すれば、電球交換は不要、経年的に照明の出力は低下することがあります、という説明であったのであるが・・・・。ま、物は壊れる、それは仕方がない。

ということで、LED電球に変えても、そうした仕事はやはり残っている。以前と違うのは、交換する数がはるかに減った
、ということくらいかな、と。それで良しとしよう。

DSCN2938

患者様から頂いた水ようかん。院長は糖質制限と聞いていますが、好物ともうかがっていますので、と。確かに、好物である。さっそく冷やしていただくわけであるが・・・。糖質制限はどこへ行ったかと悩まないもでもない。

DSCN2942


こちらもいただいた。ワインと一緒にどうぞ、と。これもまた困った。平日にはワインを飲まないのであるが、チーズは早く食べないと時にカビが生える。

ということで一杯だけいただくこととした。患者様の気持ちを無駄にしてはいけないと自分に言い訳をしながら・・・。誘惑に弱い私である。

DSCN2949