観光でどちらかを訪れれば、それは観光が目的であり、楽しく過ごす仲間と一緒の瞬間ということになる。友人とどこかで待ち合わせをして酒を飲むとしても、やはりそれは楽しいひと時を気心の知れた仲間と過ごすことが目的である。

学会や講演会に行くことは、そこで少なくとも研鑚を積むことであり、そこで何かを得ないことには参加した意義そのものがない。

しかし、開業を意識していたころ(福岡あるいは熊本で)はあちこちに行くときには、つねに何か気になることがあれば、メモを取り、写真を撮っていた。その主たるものが、施設見学であった。片っ端から写真にとって、あとで、参考に、と。当時(2005年ごろ)はまだフィルムカメラとデジタルカメラの移行時期なので、データーの保存がネガからメモリーへと移行しつつあった。なので、それ以前の写真はすべてネガであり、そのネガをスキャンして取り込むことは結構面倒な作業なので、諦めた。なので、現在手元にある写真データーは、ほとんどが当時のNIKONで撮影したもの、ということになる。

P10000052005-09-27
愛宕方面から百道方面を望む

2005年当時は福岡市の藤崎というところに住んでいた。室見川がちかくにあって、毎年春先にはシラウオ漁で小屋が建っていた。当時は週に何回か早朝に走って、それから勤務という生活をしていたような気がする。室見川の堤防沿いがお気に入りのコースであった。のちには古賀の海岸線がお気に入りのコースになったが。

藤崎から西新のクリニックまで自転車か歩いて通っていた。時には回り道も。その際にとあるクリニックの看板を見かけて、いいなと思った。とぼけた人の顔のように私には見える。ご存知の方もいらっしゃるであろう。私が福岡で一番惹かれた印章である。

P10001072005-11-06

こちらのクリニックも印象的であった。わかりやすいよな、と。

P10000402005-10-20

P10000412005-10-20

百道界隈の高額そうな自宅や建物も当然魅力的ではあったが、私自身はこうしたデザインがおもしろいな、と。そしてそれならば、私なりの好みのデザインにしたいな、という思いが深まった。

で、アルモニというデザイン事務所を紹介していただき、現在のクリニックの基本印章と封筒の形と名刺の原型を1年くらいかけて作った。

rogo
最後の最後までどちらかに決めきれず、結局メインとサブのロゴという形で二つになった。文字のフォント、色、バックの花のデザインと色にこだわったものである。2006年6月が最終稿のようである。

封筒も、白と緑と薄桃色の3色とした。名刺の基本形も同様である。担当していただいたアルモニの小林様には今でも深く感謝申し上げている。