海の日の連休。

7月13日土曜日は小さな学会があるので、自分自身のために参加しようと思っていた。しかし、お産と帝王切開の予定が入り、不可となった。仕方がないので、夜はこっそり自宅でワインを飲んでいた。

7月14日日曜日、この日は昨日いけなかった個人的趣味のために、街中にと思っていた。でも、前日から入院されていた方が、分娩に進行せず、午後に帝王切開となった。なので、この日もあきらめた。

7月15日月曜日、この日は海の日?。朝何もないと思っていたら、陣痛発来でおひとり様入院。どうかな、と思っていたら、午後にようやく生まれた。よし、今日こそは、とクリーニング屋やさんにいって、カメラ屋さんに行って、まず念願を果たす(冬物のクリーニングと、壊れたカメラの修理依頼)。さてそれからできれば、バラの見学に農業公園に行きたかった(フェンス沿いにバラの剪定の仕方を学びたいと思っている)。しかし、陣痛発来で新たな入院があったので、クリニックに戻る。

で、様子を見ていると、次第に不穏な雰囲気があり、結果としてその日の夜に帝王切開となる。ということで、連休であったが、結果としてクリニックに尾籠で、毎日帝王切開をさせていただいた。おかげさまで、九州厚生局への定例報告と、熊本県ナースバンクへの報告書が出来上がった。ありがたい事である。懸案二つから解放された。

次は、レセプトの返戻の問題と。これも頭の痛い問題であるが・・・。今週末には、懸案から解放されたいな、と。

GH_09
こちらも、開業当初の写真から。当院の分娩室である。まだ分娩台のマットもきれいだし、壁の突板も傷はない。分娩台上のテレビはプラズマテレビで、これは数年前に液晶テレビに置き換えた。

GH_08
開業当初の洋室の写真である。照明がLEDに代わり、すこし照明数が増えた(暗いとの声があり)。カーテンの素材が変わり、床のカーペットが変わった。

GH_07

こちらは和室。こちらも照明とカーテンが変わった。床は畳カーペットと呼ばれる素材で、まだそのままである。

GH_03

開業当初の待合室である。椅子が今よりすくないのですっきりしている。そしてこの画面左側の大理石の壁は、熊本地震後に金属製のボードに変わった。そしてこれは、たぶん松山先生の意向に従えなかったのであるが、現在天井には空調機の吹き出し部位がある。そのため天井はこのようにすっきりしていない。

開業当初と比べれば、やはり変わったな、と。変わらざるを得ないものもあった。物がない、あるいはつかっていて支障が出る、などの理由で。かわらなくてもいいものは変えたくはなかった。でも、やはり年月が経てば、変化が生じる。その変化が経年変化で良い物であれば、そのまま時の流れに、ということになるけれど、なかなかそううまくはいかない。