7月24日、意外と忙しかった。


朝からお産が3件。両親学級があって、損害保険の更新をして、肥後銀行さんとあって、パソコン環境の件で業者の方と会って、で時計を見たら14時。よし、これならとあとは妹に待機を依頼して、整形外科を受診する。

X撮影、超音波、視診、触診の結果、私の右足の足底部分にガラス片は確認できなかった。しかしその存在が予想される部位が厚く硬くなっていて、そして私は力をかけると痛い。なので、その部分をえぐり取る小手術を行うことになった。

手術か、と。

私は男性でお産の経験もない。お産に立ちあい、帝王切開を執刀することはあっても、されたことはない。ギブス固定はしたことはあっても、切開したことは無い。つまり手術の経験がないのである。

今回予定される手術は、局所をブロックして、足底の皮膚を切開して、ガラス片を探し、なければその部分の固くなった皮膚を除去して、あとは縫合するという風に説明であった。当然術後は足がいたかろうし、当日は仕事ができるかどうか、自身もない。

幸い手術は8月のお盆休みのころとなった。あとはその日にお産のないことを願うばかりである。

IMG_0136

梅雨が明けたらしい。午後少しだけ青空が見えた。隣の田んぼの稲も、成長している。

IMG_0137

そういえば、もう7月も終わりである。7月が終われば、8月。となれば、緑の真珠の季節ももうすぐ。