18年くらい前福岡に住んでいた。最初は福岡市の近郊の粕屋町に、それから福岡市早良区に移って、おおよそ5年ほど福岡で過ごした。最初は車で移動することを考え、福岡インターのそばであった。福岡市内に住むにあたって、地下鉄で移動することとして、地下鉄の沿線を考え、藤崎駅のそばに住んだ。

藤崎駅のいいところは、周辺に商店街(藤崎商店街)があり、普通のお店(敷居の低い、高額ではないお店ということであるが)が普通にあるので、週末にはそうしたところを訪れて、十分に楽しむことができた。歩いて行って、よっぱらっても歩いて帰れる距離、というのがいい。個人的には宮崎料理の店と魚屋と焼き鳥屋さんが好きであった。

先日10年ぶりくらいに福岡を訪れる機会があった。以前住んでいたところも少し雰囲気が変わっていた。でも、まだ焼き鳥屋さんはあった。宮崎料理の店も残っていると聞く。魚屋さんも残っていることであろう。やはり福岡はすみやすかったな、と思いながら後にした。

HVVB0747


一方現在住んでいるこの熊本市東区界隈には、歩いて行ってちょっと飲んで食べて、という場所は少し遠い。でも以前の福岡の都市感で考えれば、大した距離ではないはずであるが、どうも最近は歩くことが少なくなってしまった。

そうした事情と、私自身の好みの変化と、私の置かれた環境の変化から、最近はもっぱらクリニックの自宅でちょっと料理をしながら一杯というのがスタイルとなってしまった。なので、かえって出歩くことが面倒となってしまった。

何らかの機会がないと街中に出ることはない。とはいえ、時に変化を人は求めるものである。それは私にも、スタッフにも。ということで、厨房のスタッフとタイ料理・ベトナム料理を先週と今週に訪れた。

MGGB0953


10年ほど前にも熊本にはタイ料理のお店はあったような気もする。でも、今回探してみたら、結構お店が増えていたような気がする。そしてベトナム料理もあった。福岡には及ばないけれど、さまざまな地方の料理が味わえるということは、やはり楽しい。

いつのひか郷土色豊かな郷土食を、その地方のお酒を飲みながら、味わうようなさすらいの旅をしたいものである、と最近考えるようになった。(南の島の夢をあきらめたわけでは無いけれど、こうした生活もしてみたいな、と)

BVTW8498

写真は、333(バーバーバー)にてフォー、生春巻き、ガパオライスを食した。これは当院のメニューにもあるけれど、風味がやはりちょっと違った。