春は行きつ、戻りつ、と聞いたような・・・。この時期暖かくなったり、寒くなったり、天気が良かったり、春雷となったりと、と変化しながら、春の盛りに、ということであろうけれど、でも、夏だって、秋だって、やはり季節は変化するよな、とも。

でもやはりこの時期、植物の変化は著しい。芽吹いて、花が咲いて、と。当院でも、蝋梅が咲き、白梅がさき、水仙がさいて、椿と山茶花が咲いて、ハナニラ、クリスマスローズと続く。そして木々には新し新芽が。

DSCN5062

これはフェンス沿いの赤いバラ。たくさん芽が出てきた。

DSCN5074

こちらは裏庭のチューリップ。この真ん中の膨らんでいる部分は蕾かな、と。いつ頃咲くかな、と。そしてどんなようにさくかな、と(2種類の球根が混在しているので)

ハナニラも風にたなびくように群れて咲いてきた。時に寒い日もあるし、またこれからは遅霜に要注意であるけれど、やはり春はそこまで、である。

早く新型コロナが収束することを願って。