私は小学生のころまで熊本市内で過ごし、中学高校と久留米で過ごし、大学以後は再度熊本で過ごした。私が実家を出たのは、医学部の最終学年の頃で、以後は基本的に結婚するまで独り住まいである。父との生活は大学までが中心ということになる。

父は昭和42年(1967年)の2月6日に西村産婦人科医院を、熊本市出町で開院した。当時は住所として二つ表記があり、熊本市清水町津浦(つのうら)という表記と、新出町という表記があったような様な気がする。この地で父は西村産婦人科医院を42年間診療を続けた。

DSC_0014

開院当初と周囲の家並みが少し変わった。父の実家は隣にあったが、そこは解体され、庭の部分に新しいうちが作られた。西村産婦人科の西側に父の家が開業後に作られた。北側には、従業員の宿舎と厨房が作られた。その後道路に面した北側の家の解体に伴い、そちらの土地を買い取る形となり、間口が広がった。

DSC_0025

42年も診療すれば、その中で父独自のスタイルとなる。診察室はこのような雰囲気であった。

DSC_0029

所せましとあちこちに何が置かれ、掲示され・・・と。一度父の代診中に私が整理したら、怒られた。何がどこにあるかは父の頭の中で整理されている、と。以来、この診察室に手を出すことは控えた。

開業時父は40歳。それから42年をこの診療室で過ごした。診療時間が終わった後でも、時に夜はこの部屋で残された仕事をしていたし、日曜祭日も過ごしていた。

今にして思えば、私が今していることと同じことであり、スタイルは違うけれど。つまり、私は父の姿を見て育ち、そして同じ道を歩んだ、ということである。