まだ私がダイビングにはまっていたころの話である。当時熊本のダイビングショップ(ブルーアース21新屋敷店)に通い、夏も冬も、週1くらいで天草に通っていた。妙見ヶ浦が一番多かったが、時に牛深の海中公園や小森などでも潜った。またナイトダイブで、大矢野島の弓ヶ浜海水浴場や、西港の反対側などにも潜った。

でも一番潜ったのは、やはり妙見ヶ浦であった。一番最初の講習もここであった。左の湾は大きな石が多くビーチエントリーには向かないので、右の湾の左側から潜った。

DSCN1139

20日は結構風が強くて、白波もたっていた。これだとビーチエントリーはきついかも。でも、そうしたことも次第に慣れてくる。

最初はウエットスーツで潜っていたが、冬場に潜るとさすがに寒いので、ドライスーツも購入した。当時のライセンスではオープンウォーターが1と2があって、その上にアドバンスがあって、そのさらに上にインストラクターがあったような気がする。アドバンスまではライセンスを取った。

海の中の地形は、ある意味陸上の地形の延長である。なので、海の中もその延長のような風景が広がるはずであるが、あとは潮の流れが悪いと視界が悪くてよく見えない。妙見では条件が良ければ10mほどは見渡せたような気がする。

朝6時ごろ熊本をでて、11時ごろ1本目を潜って、上がって昼休み。昼食をとって、午後の1本目。15時ごろ妙見を出て、17時ごろ本渡の温泉センターによって塩を流して、ビールを一杯。それからバスに揺られて20時ごろ熊本着。というのが当時の流れであったような。

ダイビングにはまっていた当時は、大学院生であったので、時間の都合がついた。しかし、大学院を出て、産婦人科の常勤となるとそうもいかない。まして、熊本を離れると・・・・。それこそ夏休みをもらって、どこかのリゾートに行かないと難しい話で、確か、石垣と宮古に入ったような気がする。ちなみに、大学院時代には、吐噶喇列島や西表や渡嘉敷に行った。今となっては遠い思い出となった。またハネムーンでは家内に頼み込んでモルジブに一緒に行った。

ダイビング機材も、年月が経ち劣化したこともあり、処分してしまった。でも、いつの日か、と心の中で思っている。目標は、バハカリフォアルニア・タヒチ・インドネシアをワインを味わいながらゆっくりいけたらいいな、と(このブログのタイトルの南の島である)

DSCN1142

だいたいここら辺からビーチエントリー。