2016年01月

今ジレンマに陥っている。答えは頭では理解している。しかしその行為に踏み切ることは、というためらいがある。書くことで、あるいは表現することが整理されることがある。そこで今回そのジレンマを書いてみる。愚痴である。

私にとって、電話は猫の首につけた鈴のようなものであると同時に、街角の公衆電話を見かけなくなった今日、大切な連絡手段である。産婦人科という職種上、五男呼び出しがあるかわからない、という強迫観念のようなものがあって、院内電話にしても、携帯電話にしても必需品である。決して最新型である必要はないが、人前で使わざるを得ない状況もあるので、ある程度見栄も張らざるを得ない。

ということで数年前にガラケーからアイフォンに移行した。1年前に、そのアイフォンの電源操作が不安定になり、修理に出そうとしたら、熊本では1か所しか修理できない。おまけにその場所は今の場所から遠い、という事情が判明したので、それなら他のメーカーにということで別な国産メーカーのスマートホンに変えた。つまり、比較的修理が容易で使いやすいものにということにした。たぶん去年の5月ごろ。

アイフォンに伴うさまざまな状況も1年くらいかけて整理し、アドレスも除去した。しかしながら、実はアイフォン以前に、アップルのコンピューターを使っていた時期があり、まだそのパソコンはどこかの倉庫に眠っているので、アップルIDはまだ残っている。(私なりのパソコン史については、それなり歴史があるが、またこれは別の機会に)

DSCN0798 (640x480)

この件とは別に、とある件でほしい物ができたので、去年の5月くらいに頼んでようやく今年の1月にものが届いた。その新しいものが届いたのが1月16日、使い方もわからず、悪戦苦闘中であるが、なかなかの優れものであるので、それはそれで満足していた。しかしどうしても解決しない問題が生じたので、あれこれ探してみると・・・・。

なんとその原因はスマホにあった。スマホはそのほしいものの適応の対象外であった、と。驚愕の事実である。

ほしいものを頼むにあたって、アイフォンあるいはスマートフォンが必要であるということは理解していた。新しいスマートホンなら対応しているであろうと、私が勝手に解釈していたのである。しかし、実際にその適応かどうか調べる情報源が私にはなかったので、ものが届いてからしか調べようがなかった、というのが私のいいわけであるが・・・。

さて困った。このせっかく届いたものの性能を最大限引き出すためには、アイフォンが必要である。そのためには携帯を交換せざるを得ないのである。それなら不便な真までこのまま使い続けるのも一つである。

しかし、そもそもアイフォンでないと使えない、と最初からわかっていたら(注文した時期がほぼ同時である)のでアイフォンを修理して使っていたであろうし、今更削除したアップルアカウントを再度作り直す?さらに言うなら、スマートホンをアイフォンに変えるための費用と時間とそして各種設定に費やす労作時間は、いったい誰が負担すべきことなのかと自問自答している。

いっそのことこの話をなかったことにして、昨年の5月に戻せれば、ほしいものも変わったかもしれない。ということで返品して、頭の中から消去できればいいのであるが、そうもいかない。ジレンマである。

似たような話は、いくらでも転がっていると思うが・・・。面倒で、憂鬱な日々となってしまった。

DSCN0768 (640x480) (2)

さて、ついにこのアンペーストを開封した。ヨーグルトに乗せてみた。一見チョコレートの様であるが、やはり餡子であった。こしあんである。

チョコレートもカカオから作られるし、いろいろなジャムも果実から作られる。餡子も、小豆から作られるからジャムの一種と思えないでもないが、私の中では餡子は、餡子であって、ジャムではないので・・・。ここにも微妙なジレンマがある。

どうやって食べようか、と思案中。たぶんカロリーの高そうな、餡バターとなるような気がするが・・・。

昨日は朝から雪が待っていた。夜も・・・。寒いと、外来の立ち上がりが悪く、朝9時から10時台まで暇である。でもこれだけ寒いと、と仕方がないかと思わないでもない。

さすがにこれだけ寒くなってくると、耐寒性のない品種は枯れていく。水仙、ビオラ、ハナニラなどが院内では元気に緑を保っている。この寒い時期に緑を保つこともすごいが、花を咲かせるなんて、もっとすごいと思う。

DSCN0759 (640x479)

これは院内の中庭のハナニラ。この中庭をどうしようか、と悩んでいる。工事をするなら2-3月であるが・・・。

DSCN0758 (640x480)

開業以来、基本的には中庭の構想は変わっていないが、下草が少し枯れたので種類を変えた。しかし、夏場から秋にかけての花に乏しく、変えたいなと。でも散水の問題もあるし、するならそちらもすべきかもしれない。

ちょっと悩んでいるのである。外来にお越しになった方々が、ふと眼を外にやった時に、ちょっと和む感じがあれば、と願っているが・・・。

虎屋の羊羹を12月にいただいた。で、ふと思ってとらやのHPをみたら、オンラインショッピングなるものがある。で、頼んでみた。届いたのが以下の2点。

DSCN0767 (640x480)

小豆とカカオのフォンダンとある。要はチョコレートと小豆の組み合わせ。チョコレートのようで、小豆の風味も。チョコ好き、餡子好きの両どりである。最近ハーゲンダッツのアイスクリームにも、和風のティスとがあるが、これはまた・・・と。要は好みの問題であり、私としてはやはり単独のほうがいいかな、と。

さてもう1点。これはまだ開封するかどうか、悩んでいる。餡子の缶詰は見たことがある。その餡子をモチに来るんで餡子モチというのはよくある話であった。さてこのアンペーストをヨーグルトにいれる、あるいはパンの上に乗せる、と。

DSCN0768 (640x480) (2)


でもパンとバターと餡子は相性がいいことは実証済みである。しかしなかなか、開封の勇気が湧きません。

現在の状況では、東京に行くことは不可能な状況ですが、いつの日か東京に行けるとしたら、虎屋カフェの直営店と、ニッカウィスキー直営のバーに行ってみたいと空想にふける私である。

外来の数がそう多くはないのに、なぜか混んでしまって、待ち時間が長くなることがる。さまざまな理由があるので、一朝一夕にどうなるものではないが・・・。

冬場は、お越しになる方々の出足が悪いというのも一因である。どうしても寒いので、少しあったかくなってから、ということで10時ごろ家を出て、11時頃当院にお越しになる。そうするとまず当院で受付で混雑する。外来がスームズに運営されるように構築していても、短時間に人が集中すると、やはりどうしても・・・。

この様な場合には、その時間の空いているときに、日頃できなかった仕事をさっさとやってと心がけているのであるが、そうしたときに限って、誤った仕事を選択をしているようで・・。後で気が付けば、あれをしておくべきであった、と気が付いても仕方がない、と後悔することもある。

そうした状況で何かが起こるのである。分娩であったり、産後の診察であったり、新生児の診察であったり、何かが起こる。でちょっと時間がとられて、と。そしてまた何かがひかっかる。外来にお越しの方の合併症でどこかを紹介したり、あるいはついつい世間話をしてしまったり、と。

で、気が付くと、待ち時間が1時間を超える人がぞろぞろと・・・。しまったと思ったときには、とんでもない事態になっていて、それから外来業務に専念するわけであるが、そうしたときに限って、また何かが起こることもある。嘆いても、悔やんでも仕方がないので、ひたすら外来に専念する。

そうしたときに自分専用の執事・秘書がいたらいかに楽であろうかと思わないでもない。でも、早々都合のよい執事・秘書がいるはずもなく、きっといればいたで、それなりの楽な分もあれば、もどかしい、不完全な思いをすることもあるであろうし、そしてまた自分で考えて行動するからこそ、私自身のボケ防止にもなるのである。いつも動いていること、足を止めないこと、と最近は心がけているのである。

DSCN0720 (640x480)

桜餅も場所によってさまざまであると聞いた。きっと食べ方もいろいろとある。私の場合、丸ごと一口となる。


最近読んだ何かの小説に、主人公のいつもの思いとして、動いていれば大丈夫、足を止めない、というものがあったような気がする。これは私も共感するもので、常に動かすことが、大切であろうと思っている。ただ、小説に置ける状況とは異なり、私の場合、私自身のボケ防止と体のメンテナンスのために、ということであるが・・・。

誰でも年を取る。年を取ることは避けることは不可能であるので、年を取ってもそれ相応の動きができればいいなと、思っている。とはいえ、産婦人科医として業務は、それなりの緊張を強いるものであり、夜間の仕事(お産や外来)もそれなりにあるわけで、となれば、そうした状態に答えられる体を維持することも大切なことである、と理解している。

しかし、年を取った時に、体が昔通りに動くかと尋ねられると、・・・である。三浦雄一さんの明治のメイバランスのコマーシャルはいつ見ても、すごいなと。

ということでささやかながら、走ることを心がけている。しかし、仕事柄忙しくて出れないこともあって、最近はご無沙汰であった。久しぶりに走ってみると、さすがに風が冷たかった。でもやはり冬はこうでなくては、と。道路沿いにいくつかの変化もあった。保育園が完成しつつあり、雑木林が整理されていた。

久しぶりに走ったからか、翌日以降に筋肉痛が生じた。これは困った。筋肉痛があると、どうも次に走るのを躊躇して、結果としてまた間が空いてしまった。これはいかん。走るのがダメなら、歩いてでも。とにかく体を少しでも動かそう、と。筋肉痛が生じるのは、筋肉に少し負荷がかかった証拠と考え、良い兆候と考えよう、と。ただ、寝返りを打つのに支障の出る、背筋群の痛みと膝の痛みはちょっと困るけれども・・。

DSCN0709 (640x479)

先日久しぶりに、黒糖饅頭を求めて合志へドライブ。時に無性に食べたくなるのである。

↑このページのトップヘ