2016年03月

DSCN1250 (640x460)

工事が始まった。まず道路幅を広げる、と。この写真の画面左上の部分が開発の用地である。そこに至る道を幅5mにするらしい。そのために、その手前の田んぼの部分から幅1m削られている。

ちなみに、この道路は画面左側は工事しているが、右側は工事していない。ということは同意が得られなかった、ということであろうか。なお、道路工事案内の表示があるが、実はその部分までは当院開設時に道路を拡張した部分である。中心線から計測して、幅5mとするために擁壁が設定されている。

ということは、中心線から考えると、こちらの側も工事して、ということになるが、そうなると電柱や汚水管の存在も問題となるであろう。なお、この電信柱は当院に電力を供給している大切なライフラインなので、この工事があるとなると、当院も少し大変なこととなる。できればないほうがいいけれど・・・・。

DSCN1252 (640x467)

次なる問題は、この部分である。実はこの写真の時点ではこうであったが、さらに現在は工事が進み、この部分は削られ一部アスファルトもはがされている。

考えてみれば、今回の工事で私が得るものはない、どちらかというと駐車場が削られ、交通量が増えれば駐車しにくくなる、というデメリットが多いのでは、と。地域の発展のために、というよりも、宅地開発をしている事業者のために便宜を図った、ということである。

ようやく宅地開発の続報が入った。結論は、旧職員駐車場の一部が削られ、ほかは変更なし。ということである。工事は3月中旬から月まで続き、12軒用の開発用地となるということであった。

つまり、裏庭は手を触れない、ということであり、職員駐車場は車が若干止めにくくなるので、2台ほどほかの場所にということであるようだ。後は問題の工事車両の出入りに伴うものである。

なお、その結果としてというか、裏の道路は熊本市の持ち物となるのであろう(昇格?)。確か増築工事の際に、道路の凹凸もあり、駐車場の整備に伴い、クリニック周辺の裏の道路だけ、私の負担で舗装しなおした。こうしたことももう不要となる。

DSCN1241 (640x480)

春の小川である。菜の花に囲まれて、と。

ところで宅地開発の続報として、宅地開発はここだけではなくては、他にもあるらしい。ということは、クリニックの立地は現在の家に囲まれた状況であるが、数年後には宅地に囲まれるかもしれない。

去年の秋ごろに、近隣の農地の宅地開発の話があって、そのために接続道路として、クリニックの裏の道が拡張され、そのために駐車場が削られる、という話が持ち上がった。農家の方からも、不動産屋さんからもその話があった。しかし、一向に実行に移されることもないし、その後の展開もないまま春となり、立ち消えと思っていた。

ここに気少し動きがあった。しかし、最初に聞いた話とは少し違う方向に進んでいるらしい。でも、その前提として、汚水管の熊本市寄贈の話が持ち上がり、先日ブログに書いた熊本市の接続部分の汚水管の廃止届が必要にあると、熊本市の水道局から連絡があった。これもまたややこしい話であった。

DSCN1189 (640x480)


朝、裏の道路を見ると、この様に白いものが点々と。ちょっと小さくて何だろうと、近づくと、一定の規則性をもって並んでいて、道路に打ち付けられている。数日前にいはなかったのに・・・。

たぶん昔ここにあった本来の道路の部分に配置されているような気がする。クリニック裏の道路は、本来地域の人が使う里道であったと聞いた気がする。当時は車が通るという想定ではないので、農作業の兼用であった。しかしここにクリニックができることとなり、裏の道路を確保するために、土地を少しひいて、道路の幅を広げた。(これはきちんと許可を取って)。しかし引いた土地は本来の地主の持ち物であって、熊本市のものではない。
そのために区別するために境界としてマークが付けられた、ということであろうか。

宅地開発のためには、汚水管の配備と、車の離合の可能な道路の確保が必要であり、その整備を前提として、土地の計測があるという連絡もあった。

しかしここからが話の複雑なところであって、いくつかの地権者の意向という問題が生じて、あの人とは一緒にしたくない、という人も現れれて、どうも最初の話とは少し異なる方向で話が進んでいるということである。

DSCN1192 (640x479)

クリニック横の農地。農地というか、耕作者が年老いたため、助っ人が時に耕す程度の農地である。飼料用のトウモロコシなどが植えられるが、手入れが十分とはいいがたいので、これくらいの野草が茂る程度がありがたい。

水曜日は現在外来は休診である。であると、患者様は私が休養している、どこかで遊んでいると思われているかもしれない。確かに、何もなければ気分転換と称して、どこかに気晴らしに出ることがないわけではないが、基本は外来診療がお休みなだけで、他の何かをしている。

DSCN1202 (640x480)


昨日の水曜は、夜中に数回起こされ、朝までに二人生まれた。さらに午後1時ごろ1名生まれた。その間院内待機であるから、たまっていた事務仕事をいそいそとこなした。4月の新規入職の方の用意、2月の法人の会計操作、各方面への支払いなど、こうした事務会計の仕事も私の仕事である。こうした仕事は、昼間のほうが何かとやりやすい。

また郵便物を出して、各方面への問い合わせをして、インターネットバンキングで支払いをして、といや仕事がはかどる、と。でもさすがに午後5時には飽きた。夜に経口避妊薬の勉強会があるので、久しぶりに勉強しに行こうと思っていたが、破水したという方が2名ほど入院となる。

夕方ま出はそれほど痛みは強くなかったようであるが、お一人のほうが陣痛が強くなり、外出を断念。結局21時ごろ生まれた。ということで、結局昨日は院内にこもって仕事をした一日となった。仕事のはかどった水曜日と考えれば、何も問題はない。

そして、気分転換に、妄想ショッピング、これが一番。ネットでいろいろ調べて、いろいろ考えて、と。意外な発見があるものである。フムフム、と。


DSCN1196 (640x452)

ハナニラの季節となった。緑の上で、地上20cmくらいのところを白いものが、時に風になびく。なかなかいい風情である。春である。そういえば、桜の開花予想も出ている。果たして院内で今年桜が咲くかな、と。

いや、なかなか妄想ショッピングは楽しいのである。時の立つのを忘れる。PCの前に座って、あれこれ考えて、HPを検索して、商品を確認して、妄想ひと段落。思いついたら、また次のを検索する。いや、これでは時間が足りません。本業に差し支えそうである・・・・。でも、誰に迷惑をかけるでもなし、必要なのは私の時間とPCの電気代とそして私の妄想する力である。

しかし、やはり時には現実も必要であるわけで・・・。ま、私の場合、そうした妄想から現実に引き戻される絶対的な力は、”先生、お産です”の一声である。

DSCN1167 (640x479)

緑と黄色の組み合わせは、菜の花であるが、ビオラ、水仙、バラなどでも目のあたりにするわけで、これは道路わきのビオラ。日当たりがいいので、冷え込みは厳しいが、ビオラ元気である。

実はこの場所には、水仙に相当する場所にこっそりシクラメンを植えていた。日当たりが良すぎたからというより、たぶん冷え込みが厳しく、枯れてしまった。で、いつのまにやら、シクラメンが水仙に変わっていた。

日当たりと、風と、植物にとって大切な条件であると改めて思うばかりである。

日曜日少しだけ庭の手入れをした。といっても、雑草を取り除くので精いっぱい。でも、雑草を取り除かないと、その下から目を出すであろう球根の新芽の邪魔となる。今季のシーズンが終わったら、球根の類も、日当たりと冷え込みの状況を考えて、場所の移動が必要かもしれないな、と思っている。

↑このページのトップヘ